DeNAへの転職なら評判や口コミを信じると転職に失敗する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社開発・運営のモバイル端末向けゲームに加え、他社や開発パートナー企業との協業により、いっそう幅広いジャンルのタイトルを配信するDeNA。

会社として『永久ベンチャー』という指針を元に多くの起業家を輩出しているDeNAは転職者からの人気も高いです。

しかし、DeNAへの転職を検討している方は、インターネットの口コミや評判を信じてはいけません。

なぜなら、インターネット上の口コミや評判はウソの情報も混じっているからです。

そのような口コミや評判だけを信じて転職しても、転職後に「思っていた会社と違かった」などと後悔する可能性が高いです。

そこで、この記事ではDeNAへの転職を検討している方のために、

  • DeNAの基本情報
  • DeNAの転職でエージェントを活用すべき4つの理由
  • 転職エージェントの7つの活用方法
  • DeNAへの転職で使うべき転職エージェント
  • をお伝えします。

    DeNAの採用情報によると、営業・エンジニア・クリエイターなどの職種が人材を募集しています。

    ※ページ下部で紹介している転職エージェントなら、DeNAの求人を保有している可能性が高いです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    DeNAはこんな会社

    DeNAは、Eコマースサイトやモバイル用ポータルサイトを運営している企業です。

    20年度の売上高は前年比では2.3倍となる1,127億円であるものの、ピーク時である12年度の2,024億円に比べると縮小している。

    「ソーシャルメディア事業」や「ポータル・マーケティング事業」としていたゲームプラットフォーム「モバゲー」の人気が爆発したことで売上アップの原動力。

    2020年現在のDeNAの事業セグメントは「ゲーム事業」「スポーツ事業」「オートモーティブ事業」「ヘルスケア事業」「新規事業・その他」の5つ。

    事業内容

  • ゲーム事業
  • Mobage、Yahoo! Mobage、AndApp

  • オートモーティブ事業
  • MOV、Anyca、SOMPOで乗ーる、Easy Ride、ロボットシャトル、DRIVE CHART

  • ヘルスケア事業
  • MYCODE、kencom、歩いておトク

  • ソーシャルLIVE事業
  • SHOWROOM、Pococha

  • AI事業・研究開発
  • AI関連事業、AI研究開発

  • エンターテインメント事業
  • エブリスタ、マンガボックス

  • Eコマース事業
  • モバオク

  • スポーツ事業
  • 横浜DeNAベイスターズ、横浜DeNAランニングクラブ、川崎ブレイブサンダース

  • 新事業
  • ベンチャー投資、デライト・ベンチャーズ

    基本情報

    社名:
    株式会社ディー・エヌ・エー

    本社所在地
    渋谷オフィス(本社)
    〒150-8510
    東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ(アクセスマップ)

    渋谷オフィス(ネクストサイト渋谷)
    〒150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル

    初台オフィス
    〒151-0053
    東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル

    新潟カスタマーサポートセンター
    〒950-0088
    新潟県新潟市中央区万代2-3-6

    設立:
    1999年3月4日

    資本金:
    103億97百万円

    従業員数:
    2,437名(2019年3月末時点)

    平均年齢:
    33.6歳(2017年3月31日時点)

    平均勤続勤務年数:
    3年6ヶ月(2017年3月31日時点)

    代表者:
    代表取締役会長 南場 智子

    ※DeNAの公式ページを参照しています。

    DeNAの平均年収は?

    職種別年収

    営業
    670万円

    クリエイティブ
    600万円

    ITエンジニア
    675万円

    役職別年収

    部長クラス
    1,418万円

    課長クラス
    1,132万円

    係長クラス
    844万円

    DeNAの求人の特徴

    具体的な求人情報は下記の転職エージェントに登録しなければ見ることができないため、DeNAの求人の特徴をまとめておきます。

    DeNAの求人の特徴

  • U/Iターン歓迎
  • 女性が働きやすい職場
  • 産休・育休取得実績あり
  • 年齢や社歴問わず提案・行動できる社風
  • 東証一部上場、新事業展開も多彩なDeNA
  • ライフイベントに合わせた支援制度が充実
  • 飽くなき挑戦を続ける、永久ベンチャー
  • ビジネス職の給与例

    基準年俸:¥5,000,000~(月次支給 + 年2回の賞与)
    月給_基本給:¥271,250~(ライフプラン手当55,000円~含む)
    月給_職務給:¥116,250~(時間外割増賃金※1に代えて支給)

    エンジニア職の給与例

    基準年俸:¥5,000,000~10,000,000(月次支給 + 年2回の賞与)
    月給_基本給:¥271,250~¥528,500(ライフプラン手当55,000円~含む)
    月給_職務給:¥116,250~¥226,500(時間外割増賃金※1に代えて支給)

    デザイナー職の給与例

    基準年俸:¥4,200,000~(月次支給 + 年2回の賞与)
    月給_基本給:¥228,084~(ライフプラン手当55,000円~含む)
    月給_職務給:¥97,750~(時間外割増賃金※1に代えて支給)

    ※1 時間外労働の有無にかかわらず45時間相当分
    ※2 45時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給
    ※3 試用期間中も待遇に変更なし

    給与以外の支給

    賞与:年2回(6月/12月)
    経験・業績・貢献に応じて当社規定により決定します。
    ※賞与は、上期(4月-9月)分はその年度の12月、下期(10月-3月)分は翌年度の6月に支払われます。4月入社者は初年度の6月賞与、10月入社者は初年度の12月賞与は、評価対象外のため支給されません。

    給与改定:年2回(5月/11月)
    ※入社して1年間は、評価対象外のため、改定されません。

    福利厚生・制度諸手当

    人材育成・キャリア形成・社内コミュニケーション
    シェイクハンズ制度(社内転職)、クロスジョブ制度(社内副業)、副業制度、キャリア選択制度、勉強会開催支援制度、国際学会派遣制度、部活動支援制度、DeNA Life Design Projectなど

    ライフイベント支援・健康・その他
    産前後休暇、育児休業、ベビーケア休暇(男性社員対象)、看護休暇、育休復職サポート手当、ベビーシッター補助、児童手当、介護休暇、介護休業、ファミリーデー、慶弔休暇、健康管理室、マッサージルーム、CHO室、生理休暇、通勤交通費、PC・モニター支給、1Week Offなど

    DeNAはこんな方におすすめ

  • 新しいことに前向きに挑戦していける方
  • 高い目標を設定し続けられる方
  • リーダシップを発揮し業務を進めていける方
  • 周りと協業しながら仕事ができる方
  • 本質を追求し続けられる方
  • 登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    求人を見る

    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    求人を見る

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    求人を見る

    DeNAへの転職にはエージェントを活用すべき4つの理由


    DeNAへの転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    1.DeNAの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. DeNAの職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、DeNAの非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく

    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する

    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、日常的に行われています。

    とは言っても、直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。

    そのような場合は、メールで担当変更の依頼することをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない

    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する

    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない

    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる

    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する

    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    DeNAへの転職にオススメな転職エージェント一覧

    DeNAへの転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • DeNAに関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • DeNA以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    20代、第二新卒の方はコチラ

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    30代の方はコチラ

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    求人を見てみたい方はコチラ

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    女性の方はコチラ

    ビズリーチ

    ビズリーチの特徴

    ・高年収、ハイキャリア層に特化
    ・年収600万円以上の求人が多数
    ・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
    ・女性向けのエグゼクティブ求人も多数掲載

    登録の際に27問の基本情報を入力するだけで、優良企業からのスカウト率が大幅アップするので入力を忘れずに!
    近年、求人数が飛躍的に増加し、転職で年収アップを目指すのであれば登録しておいて間違いない転職サイト。
    エグゼクティブの方はコチラ

    JAIC(ジェイック)


    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターの人は登録しておくべきサイトです。
    フリーターの方はコチラ

    リクナビNEXT


    リクナビNEXTの特徴

    ・常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    ・新着・更新求人が毎週1.000件以上
    ・レジュメ登録するだけでスカウトが届く
    ・独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

    エージェントのサポートは受けることができないため、他の転職エージェントサイトと併用することがオススメ。
    とりあえず求人をみる方はコチラ

    DeNAの評判・口コミ

    インターネット上の口コミや評判は信じるな。とお伝えしてきましたが、全く参考にならないというわけではありません。

    もちろん、転職エージェントに聞いて内情を確認するのが一番です。

    だけど、いきなり転職サイトに登録するのも面倒くさいし、とりあえず口コミや評判といった情報だけ知りたいという方も多いと思います。

    そのため、信用できる口コミを一部掲載しておきますので、参考にしてみてください。

    良い口コミは赤線、悪い口コミは青線で囲っています。

    実績や成果を出した人はしっかり評価される風潮。良い意味でフラットに評価されるので実績や成果が出せていない人は場合によっては減給されることもある。しかしその場合はしっかりコミュニケーションを取った上で実施されるため、人の事を考えて評価とフィードバックを行っている。中には評価に納得行っていないメンバーもいるがどちらかというと目標設定が上手く行っていないケースが多いと思われ、評価方法の品質の問題ではない。

    30代_男性_企画
    自由意思に委ねられている。帰りづらい空気などもないですが、ゲーム部門は慢性的に仕事が多いので残業をしている人は多いです。が、単純に要領が悪いのと、無駄が多いので早く終わらせようと思えばいくらでも効率化できます。

    30代_男性_クリエイティブ
    若い人が多く、雰囲気は良いです。忙しい割には結構飲みに行く機会も多く、馴染めれば居心地の良い会社かもしれません。

    30代_男性_事務
    評価が一方的で基準が厳しいため、ほぼ昇給が望めない。具体的に言うと、S・A・B・C・Dという評価ランクの中でSを取らない限り昇給はないが、Sを獲得するための基準が高い。
    従って、給与にこだわりのある方や年次で昇給するシステムに慣れた方の場合、余程実力に自信のある人でない限りは入社をお勧めしません。

    30代_男性_企画
    残業を減らすと言っても、繁忙期などは理由を付けて残業するケースもある。要は上司次第。また、マネージャーのレイヤーは非常に残業が多い。特に、技術職やクリエイターは自宅でも作業が出来るため、会社が把握できない残業も多い。

    30代_男性_エンジニア
    定時である10時に出社している人が少ない。一応勤怠メールは送られてきているものの、他人事ながら心配になってしまうレベルです。たくさんの人が毎日のように定時過ぎているように見受けられ、これでよく社会人やってるなと思えることもありました。上司も見て見ぬ振りをして、自分の業務を進めている感じでした。

    20代_女性_クリエイティブ

    DeNAでの働き方

    DeNA株式会社では、多種多様の業種を募集しています。

    具体的な働き方がイメージできるよう、事務職と技術職の仕事内容を紹介します。

    ビジネス職

    難易度の高いミッションに立ち向かい、事業をリードするビジネスジェネラリスト
    直近の事業を取り巻く環境は年々変化のスピードも速く、難易度も高くなっています。

    そんな中で正解の無い道を切り拓いていく力はDeNAの事業の根幹を支えています。

    事業推進/戦略立案、プロダクトマネジメント、組織マネジメント、渉外、プロダクト企画、分析、経営企画など幅広い領域にチャレンジしながら自身の個性を磨いていくことができます。

    エンジニア職

    技術力でサービスに新たな価値を生み出す
    DeNAには様々な領域の事業があります。

    また今後、その領域は広がってくることが想定されます。

    DeNAのソフトウェアエンジニアは特定の領域に留まらず、様々な事業領域において新しい価値を生み出していく役割を担います。

    ソフトウェアエンジニア
    iOS/Android/Serverの技術を用い、新しい価値を創造するプロダクトを開発していただきます。

    DeNAの既存事業、新規事業を成功させるために必要なシステム、ソフトウェア、インフラストラクチャなど、技術面/サービス面問わず、あらゆる課題に取り組みます。

    事業領域を問わず、サービスの企画・改善、ウェブアプリケーション開発・運用、フレームワーク・ミドルウェア開発・運用などを担当します。

    新しい技術に関する調査・研究・開発も担当領域となります。

    インフラエンジニア
    最も安定して最も安く動き続けるために必要なことを全て実行し、サービス開発者と共により良いサービスの創出、事業の成功に貢献していきます。

    ハードウェア、ネットワーク、OS、ミドルウェア…あらゆるインフラレイヤーをワンストップで設計・構築・運用するのはもちろん、アプリケーションレイヤーにまで踏み込むことも多くあります。

    DeNAグループにおいて、ゲームのみならず、多様な事業ドメインのインフラ設計・管理に関わっていただきます。

    セキュリティエンジニア
    DeNAグループのサイバーセキュリティの強化に取り組みます。

    開発者と連携した脆弱性診断の実施、脆弱性に対する対応、脆弱性診断ツールの開発、セキュリティ関連ツール・ライブラリ等の開発、開発プロセス、開発ルールの改善などセキュリティ強化に関する取り組みにエンジニアリング力を活かして携わっていただきます。

    MLOpsエンジニア
    DeNAでは現在、機械学習を活用した新事業の開発を積極的に行っています。

    MLOpsエンジニアは、それらのAI技術を実際のサービスへ活用していくためのデータサービス基盤の開発および運用を行っていただくポジションとなります。

    社内外に存在する多種多様なデータを活用し、新規機械学習アプリケーションのためのシステム設計・開発・運用、データフロー設計・開発・運用、AI研究開発エンジニアと連携しての機械学習モデル実装などを行っていただきます。

    デザイナー職

    デザインの力でプロダクトを通して世界に新たな価値を提供し続ける
    様々なサービスや各種事業における、 サービスのユーザーインターフェイス設計、広告、コミュニケーションツールの作成・ブランディングなどのデザイン業務全般と、お客様とサービスが交わるポイントにおける、あらゆるUX設計を高度なエンジニアリングスキルを武器に、思考・制作する。

    「革新のために、壊して創る。」という信念のもと、その瞬間に、その場所で、その方法で、その対象にとって、真に価値あるソリューションが、 そのデザインとエンジニアリングによって生み出せるのか、常に常識を疑いながらベストな方法を模索しています。

    私たちは、世界に新しい何かを生み出す力の根源こそ「デザイン」であると信じています。

    AIスペシャリスト職

    AI技術で世の中に大きなデライトを届ける
    AI技術の専門性を発揮しつつ、ゲーム・エンタメ、オートモーティブ、ヘルスケア、スポーツなどの当社コア事業の成長を加速させる/変革する役割を担ってもらいます。

    AIシステム部のエンジニアは、単にAI技術の研究活動をおこなうのではなく、AI技術を事業・サービスに応用すること前提でプロジェクト参画してもらいます。

    サービスへのAI活用がDeNA AIの醍醐味ですが、技術の本質を理解し応用できる力を養うために、国際学会派遣制度、社内勉強会、Kaggle社内ランク制度など、プロジェクト外での自己研鑽の機会を多く提供しています。

    また、AIシステム部のエンジニアは、by nameで活躍することが期待され、先端技術の調査や事業応用事例の発信活動も推奨しています。

    DeNAに関するFAQ

    DeNAに関して「よくあるご質問」と回答をご紹介します。

    本当に未経験でも大丈夫なの?

    大卒以上であれば、経験・業界は一切不問です。

    人柄重視であるため、求める人物像としては、

  • 高い目標を設定し続けられる方
  • リーダシップを発揮し業務を進めていける方
  • 周りと協業しながら仕事ができる方
  • であれば、誰でも転職できるチャンスがあります。

    応募後のスケジュールはどうなりますか?

    応募後は、書類選考→面接→内定へと進んでいただきます。

    ★応募
    本ページで紹介している転職サイトに登録し、求人を紹介してもらってください。

    ★適性検査
    ビジネスマナーといった適性を測るための検査を受験します。

    ★書類選考
    これまでの経験、また保有される知識・スキルが、応募職種にマッチングするかを重視して選考させていただきます。

    書類選考後、1~2週間程度以内には書類選考結果の合否をエージェントから伝えてもらえます。


    ★面接
    書類選考後、合格者の方には1~2回ほどの面接を実施いたします。

    募集部門面接→人事面接と選考に進んでいただきますが、場合によっては2回以上の面接を行うこともございます。


    ★内定
    採用内定となられた方へ内定通知書を提示いたします。

    ★入社
    入社日につきましては、内定通知後1ヶ月程度でご入社いただきたいと思いますが、内定者のご事情に応じて相談させていただきます。

    エージェントが入社日の調整等は代行いたします。

    ★応募から内定までは1週間以内、入社までは1ヶ月以内を予定しています。
    ★土日の面接も、お気軽にご相談ください。あなたの予定を最大限考慮いたします。
    ★お近くの事務所、または出張面接地にて実施いたします。
    ※全国47都道府県に事務所があるため、面接もスムーズです。

    DeNAの事業内容

    ゲーム事業

    DeNAは2006年からモバイル端末向けにゲームを提供してきました。

    現在は「Mobage」を中心に、自社で開発・運営するゲームだけでなく、他社との協業によるゲームをはじめとする様々なジャンルのゲームを手掛けています。

    2017年3月期には任天堂との協業による「スーパーマリオラン」等の新作を配信・発表しました。

    また、近年はスマートフォン向けのゲームをPCで利用することができるプラットフォーム「AndApp」を提供するなど、モバイルに限らない事業展開を行っています。

    そのほか、DeNA内製の「逆転オセロニア」などの主要アプリが順調に推移しており、ゲーム事業では好調が続いています。

    EC事業

    オンライン旅行サービス「DeNAトラベル」や、決済代行サービス「ペイジェント」、オークションサイト「モバオク」などのECサービスを手掛けています。

    現在はこれらの旅行サービス、決済代行サービス、オークションサイトを中心に売上収益を上げつつ、その他の分野の拡大を目指しています。

    また他社との合弁会社によるサービスも提供されています。

    NTTドコモとの合弁会社エブリスタの小説投稿・販売サイト「エブリスタ」や、住友商事との合弁会社DeSCヘルスケアの健康メディア「KenCoM」などがあります。

    スポーツ事業

    2011年にプロ野球へと新規参入し、「横浜DeNAベイスターズ」の運営を行っています。

    地域密着型の球団運営に力を入れており、スポーツ文化の振興や青少年育成事業も手掛けています。

    また、2013年からは長距離陸上チーム「横浜DeNAランニングクラブ」の運営も行っています。

    競技者の能力向上に限らず、ランニングやウォーキングを通じた市民の健康づくりにも積極的に取り組んでいます。

    スポーツ事業のセグメント売上高は前年比39.1%増の137億6,100万円であり、規模が拡大しています。

    新規事業・その他

    自動運転車両を使った交通サービス「ロボットタクシー」や、無人運転バスによる交通システム「Robot Shuttle」など、新しいテクノロジーを活かした新規事業を手掛けています。

    またDeNAは、モバイル・インターネット分野の企業に対して、ベンチャー投資を行っています。

    AI事業などの「NEXTテクノロジー領域」、コミュニケーションプラットフォーム等の「NEXTプラットフォーム領域」、シェアリングエコノミーやEdTechといった「リアル産業構造変革領域」の3領域に重点を置いた投資・支援が特徴です。

    DeNAのカルチャー

    DeNAのカルチャーを表すものとしてDeNA Quality(DQ)があります。

    このDeNA QualityはDeNAを社風を表しているとされています。

    「こと」に向かう(Focus On Substance)

    本質的な価値を提供することに集中する
    「こと」= 顧客をデライトすること・本質的な価値の追求に集中する。

    過去の経緯ややり方に固執していないか、独力でやり遂げることにこだわり過ぎていないか、自身の評価や誰かの機嫌に向かっていないか、本当に「こと」に向かっているかと自問してみる。

    評価も成長も、「こと」に向かう姿勢に後からしっかりついてくる。

    全力コミット(Stretch Ourselves)

    球の表面積を担うプロフェッショナルとしてチームの目標に向けて全力を尽くす
    仕事は全力でやる、というシンプルな話。

    担う役割においてはDeNAを代表する気概と責任感を持ち、プロ意識と最後の砦意識を持って仕事に向かう。

    2ランクアップ(Have An Elevated Perspective)

    自身の二つ上の視座を意識して仕事に取り組む
    局所最適にならないように自分の2人上のマネージャーが見ている範囲を想像し、自分の役割がその中でどう位置付けられるかを常に意識して仕事をする。

    現場が全体方針・コンテキストを理解し迅速に適切な判断を行える、変化に強い組織を目指す。

    また、全員が2ランクアップの視座を持つために、チームメンバーが文脈を理解して仕事に臨む環境を共に協力して作っていく。

    透明性(Be Transparent & Honest)
    チームで成果を上げるために、正直でオープンなコミュニケーションを心がける
    情報や問題の抱え込みなどと縁のない清々しい組織であるべき。

    情報管理はしっかりと行うが、必要な情報共有は怠らず、個人やチームに不都合な問題もオープンにして皆で解決に臨む。

    成功や失敗が誰に帰属するかよりも、チームが本質的な成果を達成することを優先する。

    発言責任(Speak Up)

    役割にかかわらず、しっかりと自分の考えを示す
    発言する内容に責任を持てという意味ではなく、思ったことを発言すること自体がとても重要だという意味。

    「誰が言ったかではなく、何を言ったか」。

    角が立つことを恐れずに、適切な場で適切な相手に適切なマナーで直言する。

    また、発言責任は傾聴責任とセットで初めて定着することを認識し、批判やインプットには真摯に耳を傾けることで、発言責任が果たされやすい組織を作っていく。

    DeNAが大切にしている考え方

    DeNAの社風を知るためのものとして、DeNA Quality(DQ)ともう1つ、DNA Of DeNAがあります。

    新しいことに挑戦し続ける

    お客様により大きな喜びを提供できる事、世の中に大きな価値が提供できる事であれば、それがDeNAらしさを失わない事業である限り、様々な領域に貪欲に取り組んでいきたい。

    もちろん企業戦略として注力すべき領域は定めるが、それに固執しすぎるのではなく、新規事業、既存事業に関係なく、世の中に大きなデライトを提供し、世界中にインパクトを生み出すために挑戦を続ける企業であること。

    また、業界・市場・外部環境が極めて早いスピードで変化する中で、我々自身も適応し、変化し続けられる集団であること。

    良質な非常識

    常識だと思われていることを疑える感覚を持つこと。質の良い非常識。常識の先に、新しい価値はない。

    良質な非常識を生み出すには、まず、常識に至った経緯と共に、なぜ現在も当たり前のように踏襲されているのかについて、深く考え、理解すること。

    次に、理解した瞬間に疑うこと。

    「本当にそれは正しいことなのか?これからもそのままで良いのか?それがベストなのか?」と、常識を疑ってみること。

    そして、できる限り代替案を考えること。昨日までの常識が次の日には通用しなくなることが日常茶飯事のこの業界の中で、従来の常識に変わる、新たな常識を自らつくり出すこと。

    思考の独立性

    他人の考えに合わせるのではなく、自分はどう思うのか、目的に対して必要なことは何なのか、取るべき戦略は何なのかと、自分のアタマで考え、自分なりの意見を持ち、それをしっかりと発信すること。自分で考えて答えを導き出す訓練を積むこと。

    チームリーダーの考えに皆が従うだけなら、メンバーの存在意義がない。反対を受けて考えを見直す機会が無ければ、間違えるリスクも高くなる。

    リーダーとは違う強みがあったり、違う見方ができるメンバーを集めることで、意見を戦わせられるからこそ、チームが必要となってくる。その話し合いのプロセスがあるから、最終的な結論に皆が納得し、心から力を合わせることができる。

    これからの時代は、「答えは一つ」と考えるのではなく、「新しい課題をどう解決するか」という問題解決能力が重要となる。

    高みを目指す

    お客様に与えるインパクトの大きさに拘る。

    だからこそ、一見達成不可能とも思える高い目標を掲げ、この高い目標に対して最小のリソースで最大の成果を得るにはどうしたらよいのか、今の延長線上では到底不可能と思えるゴールを成し遂げられる方法は本当に無いのか、と考える。

    発想を変え、常識を疑い、どうすれば成し遂げられるかを全力で考え抜く姿勢を大切にすること。

    チャレンジの大きさに拘り、より大きなことに挑み続ける事で、日本だけでなく世界中により大きな喜び、インパクトを生み出していける存在になりたい。

    本気で自分達の事業・サービスを最高のものにしていく目線(=世界の頂上を目指す目線)を持ち、高みを目指さなければ、世界の頂上には決して届かない。

    売上や利益は、世の中の評価を最終的に反映する鏡

    社会的責務を果たしながら継続的に存在しつづける事業会社として、お客様により大きな喜び、インパクトを生み出せる良質なサービスの提供に拘り抜くこと。

    お客様にとって、いつ、どこで、どのようにデライトできる瞬間を提供するのか真剣に考え抜き、良質なサービスの提供によってお客様に価値を感じていただき、それを短期目線だけではなく、中長期の視点も意識してしっかりと考え抜き、大きくする事に全力を尽くすこと。

    結果として得られた売上や利益こそ、世の中の評価を最終的に反映する鏡であり、私たちがお客様にとって価値あるものを提供した証であり「社会からの通信簿」となる。

    人材の多様性、質の高さに拘り抜く

    様々な領域に取り組み、大きな価値を生み出していくためには、難しいチャレンジにも楽しんで取り組める、多様な強み・価値観を持つ人材が不可欠である。

    常に変動する外部環境に合わせ、スピード感を持って自ら考え自ら切り拓くことを楽しめる人、逆境や失敗を乗り越え、そこから学び、次に活かすことに喜びを持って取り組める人、常識に捉われすぎず、難しい局面でも思考停止することなく成功に向けて全力で考え抜ける人。

    様々な領域での異なる個性や強みを持った仲間が集まり、スピード感を持って変化に対処し、諦めずにやり抜く。

    そして何よりも、その過程を共に楽しむことができる仲間が集まったチームでありたい。 

    清清しくチャレンジを続ける

    チームDeNAとして、自分達の提供する事業やサービスが、どうすればもっとお客様を喜ばせ、もっと価値を感じていただけるのか。

    それをとことん考え抜き、成し遂げるために、常に清清しく全力で取り組む人材の集合体でありたい。

    全ての組織や風土は、事業として勝ち、より大きなデライト、インパクトを生み出すためであり、それをDeNAらしく、清清しく、気持ちよく、楽しく、泥臭く、皆でチャレンジして“勝つ”こと。

    そして、もっと大きなチャレンジに挑むこと。

    そのサイクルを回し続けることで、“Delight & Impact the world” を成し遂げることができる。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す