おすすめ転職サイト

【2019年最新】23歳の転職で使うべき転職サイト5選

転職を検討されている23歳の人へ向けた記事です。

23歳は世間一般では、第二新卒と言われている世代です。
第二新卒という言葉自体には明確な定義がありませんが、一般的には、大卒後入社3年以内の人のことを指しています。
そのため、23歳というと第二新卒に該当する人も多いです。

第二新卒の人材は、多くの企業から重宝されており、採用に積極的になっている企業も多いのです。

第二新卒が多くの企業に採用されやすい理由は大きく分けて、3つの理由があります。

1.新卒よりもマナーや経験などがある
2.新しいことにもチャレンジ意欲を持っている
3.物事の吸収力が高い

上記の理由から、第二新卒や20代前半(23歳まで)は転職市場では重宝されているのです。

多くの企業から採用されやすい23歳(第二新卒)だからこそ、転職をしている人も多くなってくるのです。

転職の理由としては、
「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

などという不安や不満が生まれてきたり、
「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

などという理由が多くなってくるのも23歳で転職する人の特徴です。

23歳で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

と転職に失敗している人もいるのが現状です。

この記事では、23歳の人が転職に失敗しないための方法を記載しています。

登録数ランキング
転職サイト名 特長
リクルートエージェント

転職成功実績NO.1
非公開求人数10万件以上

公式HP

マイナビエージェント

20代の転職者満足度No.1
マイナビ独占求人あり

公式HP

パソナキャリア

女性の転職に強い
年収UP率67.1%

公式HP

23歳の人が転職する理由は?

転職サイトのdodaが23歳の人を対象に実施したアンケートによると、23歳の人が転職する理由としては下記のようなものが多いようです。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給与に不満がある
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 幅広い経験・知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 土日祝日に休みたい
  • 市場価値を上げたい
  • 会社の評価方法に不満がある
  • 引用:転職理由ランキング_doda

    上記はあくまでも統計結果であるため、転職をする理由は人それぞれです。

    20代でも後半になると転職で不利になるって本当?

    23歳だと転職に不利になると思っている人は少なくないようです。

    しかし、20代前半と後半では転職の有利不利の違いはありません。

    むしろ、ある程度の社会人経験を積み、スキルのある23歳の方が20代前半に比べ、企業側から求められている傾向があります
    また、仕事に対するモチベーションや体力もある20代なら、未経験業界や職種への転職も受け入れられやすいです。

    さらに、現在は求人数に比べ求職者の少ない売り手市場であるため、転職がしやすくなっています

    30代になると目に見える実績や役職が重要視されることもあるため、20代のうちに転職をすることでチャンスが広がります。

    23歳の転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    23歳の人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    23歳の転職で登録すべき転職サイト5選

    23歳の人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    年収アップしたい23歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場にチャレンジしたい23歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい23歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい23歳におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    23歳の転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、23歳の転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    23歳にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    年収アップしたい23歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    働きやすい会社に転職したい23歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい23歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    【2019年最新】土日休みの会社への転職でオススメ転職サイト5選

    土日休みの会社へ転職を検討されている人へ向けた記事です。

    「土日休みじゃないと周りの友人と予定が合わない・・・…」
    「平日休みだと子どもの学校の行事にも参加できない…」

    などの理由で土日休みの会社に転職したいという人も多いです。

    実際に土日休みの会社へ転職したいきだけでなく、年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人も多いです。

    しかし、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う」
    「書類選考すら通らない」

    などと転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、土日休みの会社への転職に失敗しないための方法を記載しています。

    土日休みの会社への転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴や求人の種類が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    土日休みの会社へ転職したい人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    土日休みの会社への転職で登録すべき転職サイト5選

    土日休みの会社への転職を検討している人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 土日休みの会社の求人を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    土日休みの会社へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    土日休みの会社へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、土日休みの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    土日休みの会社へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    土日休みの会社への転職で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    土日休みの会社への転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、土日休みの会社への転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    土日休みの会社へ転職したい人にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    土日休みの会社へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    土日休みの会社へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、土日休みの会社の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    土日休みの会社へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    おまけ

    最後に、土日休みの会社が多い業界や職種を紹介しておきます。

  • 公務員
  • オフィスワーク(事務・経理など)
  • 銀行・郵便局
  • 広告業界
  • 出版業界
  • メーカー
  • IT業界
  • ポイント
    完全週休2日制と週休2日制では意味が異なる。

    完全週休2日制:1年を通して、毎週2日間の休日があること。
    例)毎週土曜と日曜、水曜と日曜が必ず休み。

    週休2日制:1年を通して、月に1日以上、週に2日間の休み、そのほかの週は1日以上の休み。
    必ず週2回の休みがあるというわけではないため注意が必要。

    【2019年最新】正社員への転職でオススメ転職サイト5選

    正社員へ転職を検討されている人へ向けた記事です。

    「フリーターから正社員に転職してもバカにされないか不安…」
    「正社員になって安定した生活したいけど責任が重たそうで…」
    「これといって自慢できることもないし、そもそも正社員で雇ってもらえるのかな…」

    などという不安がある人も多いかもしれません。

    ただ、そのような不安を乗り越えて、正社員へ転職して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人も多いです。

    しかし、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う」
    「書類選考すら通らない」

    などと転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、正社員への転職に失敗しないための方法を記載しています。

    正社員への転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    正社員へ転職したい人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    正社員への転職で登録すべき転職サイト5選

    正社員への転職を検討している人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    正社員へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    正社員へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、正社員の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    正社員へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    正社員への転職で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    正社員への転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、正社員への転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    正社員へ転職したい人にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    正社員へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    正社員へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、正社員の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    正社員へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    おまけ

    最後に、正社員になることのメリットを3つ記載しておきます。
    1.賞与(ボーナス)があるから、収入も大幅アップする可能性が高い
    フリーターや契約社員では受けられず、正社員だけが受けられるという点では1番のメリットかと思います。
    賞与(ボーナス)は平均で月収の1.5ヶ月〜3ヶ月が支給される会社が多いため、賞与をもらえる正社員になるだけで年収も20万円〜70万円くらいアップします。

    2.福利厚生を受けることができる
    正社員なら、社会保険や住宅手当、資格手当など各種手当があったり、会社が定めた福利厚生が受けられることも大きなメリットです。

    3.安定した生活が送れる
    正社員の場合、よっぽどの事情がない限り、解雇されるようなことがなく、毎月決まったお給料をもらうことができます。
    また、有給休暇や退職金などがあるため、いざという時の病欠や退職でも安定した生活を送ることができるようになります。

    【未経験の転職】おすすめ転職サイト5選(2019最新)

    未経験の職場へ転職を検討されている人へ向けた記事です。

    「未経験の職場へ転職して給料が下がったらどうしよう…」
    「せっかく積み上げてきた経験が活かせるか不安…」
    「責任感もあるし、今の職場に申し訳ない…」

    などという不安や不満が生まれてきたり、
    「これまでの経験をアピールの仕方がわからない…」
    「今の職場では十分経験を積んだので、やりたかった仕事にチャレンジしてみようかな…」

    などという理由で未経験職場への転職を検討している人が多くなっています。

    未経験の職場への転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う」
    「書類選考すら通らない」

    などと転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、未経験の職場への転職に失敗しないための方法を記載しています。

    未経験の職場への転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    未経験の職場へ転職したい人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    未経験の職場への転職で登録すべき転職サイト5選

    未経験の職場への転職を検討している人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    未経験の職場へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    未経験職場へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場への転職で転職エージェントを活用すべき4つの理由

    未経験の職場への転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、未経験の職場への転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    未経験の職場へ転職したい人にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    未経験の職場へ転職して年収アップしたい人におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    未経験職場へ転職して年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マーケティング・営業職にチャレンジしたい人におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい人におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場へ転職したい女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい人におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    Geekly(ギークリー)を23区以外の人に絶対におすすめできない1つの理由

    この記事では、あなたがIT業界・ゲーム業界に特化している転職サイト「Geekly(ギークリー)」に登録すべきかどうかについて解説しています。
    具体的には、Geekly(ギークリー)の「評価」「特徴」「得意な分野」を紹介しています。
    ぜひ、転職を検討中の人は参考にしてみてください。

    ただし、Geekly(ギークリー)は東京23区のIT業界・ゲーム業界の求人が約90%であるため、東京23区以外の人にはほぼ参考になりません。
    そのため、東京23区に住んでいて、IT業界・ゲーム業界への転職を検討中の人のみ読み進めてください。

    Geekly(ギークリー)とは・・・

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスです。

    大手企業を中心に非公開求人数は6,000件以上を保有しています。
    ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇っています。

    転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリー1番の特徴。
    また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとしている。

    「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」でそれぞれ転職エージェントランキング堂々の1位を取得しています。

    会社名:株式会社GEEKLY(ギークリー)
    設立:2011年8月
    資本金:3000万円
    代表取締役:奥山貴広
    本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-17-2 ヒューリック渋谷宮下公園ビル 6F

    こんな人におすすめ

  • IT・Web・ゲーム業界へ転職する方
  • エンジニア・クリエイター・IT営業の方
  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

    Geekly(ギークリー)にしかない3つの特徴

    1.IT・Web・ゲーム業界に特化
    業界に特化したキャリアコンサルティングを行うGeekly。
    業界の主要な会社と太いリレーションを築いており、各社のカルチャーや働き方など、求人票だけでは読み取れない情報も、丁寧にご提供しています。

    2.6,000件以上の非公開求人
    一般には公開されていない「非公開求人」が数多く寄せられています。
    非公開求人の中にはGeeklyのみがオーダーをいただいている独占求人も多くあります。
    ご登録いただければ、こうしたレア案件を、随時ご案内いたします。

    3.マッチングを科学する
    Geeklyではより多くの皆さまの転職を成功に導くため、マッチングを多角的に分析して独自のノウハウとして蓄積しています。
    転職を希望される皆さまの希望条件とそれにどう対応してどんな結果を得たのかという不確定な要素も含め、これまでの経験を全て分析し、Geeklyならではのマッチングを実現させています。

    Geeklyギークリー)が行う転職支援サービス

    1.求人紹介
    面談内容を踏まえた上で求人案件のご紹介をいたします。
    求人広告には掲載されていないような非公開求人やGeekly独占求人といったレア案件もご案内しています。
    早ければ面談の中で、あるいは後日メールやお電話などでご希望に沿った求人情報のご案内をさせていただきます。

    2.転職指導アドバイス
    初めて転職される方や、ご希望に応じて転職指導もいたします。
    採用担当者の目にとまる応募書類の書き方や、面接に関する個別のアドバイスや事前対策など、
    皆さまの転職が成功するよう一生懸命サポートいたします。

    Geeklyの転職支援サポートのながれ


    1.転職相談サービスへの登録
    「無料転職相談のお申込み」からお申し込み下さい。
    Webサイトにて、簡単なプロフィールをご登録いただきます。
    ※サービスは全て無料ですので安心してお申し込み下さい。

    2.面談日程の調整
    お申込みいただくと、担当コンサルタントより面談についてメールでご案内致します。
    メールの案内にしたがい、「面談予約画面」より面談の希望日程を入力下さい。
    平日であれば1営業日程度で担当コンサルタントより、面談日程ご案内のメールをさせて頂きます。

    3.ご来社・面談
    弊社にご来社頂き、担当コンサルタントが、ご経験、ご要望を伺います。
    ※ご来社いただくことが難しい場合は、お電話でのカウンセリングも対応いたします。
    ※求人状況によっては、キャリアアドバイザーとの面談・相談サービスのご提供が難しい場合もございます。ご了承ください。

    面接内容
    ・これまでのご経験
    ・職務に関するインタビュー
    ・今回の転職理由と目的
    ・条件などの整理
    ・具体的なご希望のヒアリング

    Access

    4.求人情報のご紹介・転職指導
    あなたに合った求人情報をご案内します。専用画面をご用意し強力にあなたの転職をバックアップします。
    Geeklyが保有する非公開求人情報からのご応募も可能です。
    専用画面から応募状況がリアルタイムに確認できます。

    5.企業様へのご推薦・選考(応募・面接)
    書類選考が通ったら、企業との面接になりますが、企業との面接スケジュール調整はGeeklyのコンサルタントが行います。
    面接前にはGeeklyならではの求人情報以外の面接のアドバイスや対策情報を提供させて頂きます。
    就業中の転職活動でも安心して活動していただけます。

    6.内定・入社
    内定が出たら、入社条件の確認を行います。給与条件や入社日の調整、円満退社へのアドバイスなども
    Geeklyのコンサルタントがしっかりフォローしますのでご安心ください。
    内定条件を確認して頂き、ご入社のご判断をしていただきます。

    Geeklyギークリー)の転職サポートが得意な職種

  • 職種
  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー・システムコンサルタント
  • ネットワーク・サーバー
  • 社内SE・テクニカルサポート
  • webディレクタ・webデザイナー・webマスター
  • ゲーム
  • 営業
  • ネットマーケティング
  • 管理・経営企画・新規事業
  • IT・WEB・ゲーム業界専門の人材紹介会社というだけあり、専門職が中心ですが、経理や人事のような管理部門の職種の求人も扱っています。

    サポート体制の充実と紹介求人数の多さ、マッチング力の強さが特徴で、転職を希望する方の希望やキャリア、スキルを活かして数多くの求人の中からピッタリの職場を探しマッチングしてくれます。

    扱っている求人はIT・WEBの専門職が中心だからか、年収は450万円から1200万と高めであることも特徴。

    ※キャリアアップを狙うのであればエグゼクティブ求人の紹介ページは必見です。


    年収別求人数
    ~500万円以下:2252件
    501万円以上:5220件
    601万円以上:3762件
    701万円以上:2252件
    ※2018年11月現在 重複あり

    しかしこれらの公開求人はほんの一部。

    Geeklyの非公開求人は6,000件以上。
    登録をするとGeeklyのみが保有する希少価値のある独占求人や好条件求人を紹介してもらえます。

    そして早い人は最短1か月で転職成功したという声が多数あります。

    IT・WEB求人というと若い人が有利なのでは?と思いがちですが、Geeklyには30・40代向けの求人も。
    エンジニアとしてのキャリアがある経験者であれば、IT・WEB専門のGeeklyを押さえておくべきです。

    IT業界に特化した転職支援サービス

    Geekly(ギークリー)独自の強みはまだあった

    LINEで即答 スピーディーな対応
    ふと「転職できるんだろうか…」と不安がよぎることや「あの会社ってどうだったっけ?」と疑問に思うと思います。

    そこで、Geekly(ギークリー)の隠れた特徴であるスピーディーな対応です。

    メールの他にLINEでやりとりができるので手軽かつ迅速に転職活動を進めることができます。

    Geekly(ギークリー)利用者の口コミの多くが「登録から対応の早さ」を評価しています。
    面談後は担当のコンサルタントとLINEやメールでの連絡になり、土日祝日にも対応してくれます。
    朝も夜もLINEをしていて「担当者さん、ちゃんと寝てるのかしら」と逆に心配になるほど。

    他社のエージェントではスカウトメールは頻繁にきますが、問合せや連絡に関しては翌日以降が多かったので、反応が早いというだけでも転職活動の不安をかき消してくれることも。

    電話は苦手だし、メールだと何だが堅苦しいし…LINEだと気軽に連絡できるし本音で話をすることができる。
    担当のコンサルタントと親密に連絡がとれるのもオススメです。

    最短1カ月程度で転職ができるので、急な失業などで急いで職場を探している方はすぐにGeekly(ギークリー)に登録を!

    履歴書や職務経歴書のテンプレートがダウンロード可能
    転職活動に欠かせない履歴書と職務経歴書。
    初めての転職の場合、まず書き方がわからない。
    自分の売り方やアピールポイントをどう書面で表現してたらいいかわからないこともあるでしょう。

    Geekly(ギークリー)の「レジュメサンプル」は10年間にわたるコンサルタントのノウハウを凝縮した転職ツール。
    履歴書や職務経歴書をわざわざ用意しなくてもレジュメサンプルから無料でダウンロードが可能です。(エクセル・ワード形式)
    また、業界別にサンプルを用意。
    職務経歴書の記入参考例を見ることができます。

    登録をすれば、専任のコンサルタントによる個別でも履歴書・職務経歴書の書き方指導が受けられます。
    プロによるサポートを受けながら履歴書を書くことができるので、内定までのハードルがかなり低くなりますね。

    ダウンロードはこちら

    IT・WEB業界経験者による面接対策
    業界に特化した専門性の高いキャリアカウンセリングの秘密はGeekly(ギークリー)の実績にあります。

    2011年に設立されたGeekly(ギークリー)は人材業界の中でもまだ新しい会社ですが、業界に特化したキャリアカウンセリングは創立者の奥山孝弘氏自身がIT業界のコンサルタントとして長年活躍されてきたという実績の高さからでしょう。

    専門職同士にしか分からない話や悩みがありますが、奥山氏をはじめとしたコンサルタントの多くはIT・Web業界の実務経験者。
    経験者ならではの経験や苦労を分かち合うことができ、転職希望者に寄り添ったキャリアプランを提案してくれます。
    業界経験者が多いということは、採用担当者とのパイプもしっかりしている証拠ですね。

    コンサルタントと採用担当者が密であることは採用の視点や特徴などが把握されているということなので、ポイントを抑えた効率の良い面接対策や書類対策ができるということです。

    おすすめ転職サイト一覧

    Geekly


  • 大手企業を中心に非公開求人数は6,000件以上
  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界に特化
  • 紹介求人案件満足度部門:第1位
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり
  • 全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
    【ギークリー】

    リクルートエージェント


  • 転職成功実績NO.1
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • IT業界専門コンサルタントが希望する企業への入社をバックアップ
  • 少数のエージェントにて、業界に対する専門的な知識を持ち、そして希望者に最適な提案をできるギークリー。
    【リクルートエージェント】

    JAIC(ジェイック)


  • 20代専門の転職サイト
  • 未経験からの就職成功率 80.3%
  • 就職後の定着率94.3%
  • 就職支援『無料就職講座×面接会』
  • 100%取材した求人
  • 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    マイナビエージェント


  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
  • 転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    マイナビエージェント
  • パソナキャリア


  • 女性の転職に強い
  • 30,000件以上の求人数
  • 業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
  • 書類添削・面接対策などのサポート
  • 電話・メールのレスポンスが速い
  • 現職の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能です。
    【パソナキャリア】

    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
    リクナビNEXT