おすすめ転職サイト

転職サイト結局どこがいいの?【おすすめ転職サイト2選】

「転職サイトっていっぱいあるけど何が違うの?」「結局、どれ使えばいいの?」 「どうやって選べばいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、転職サイトは大小合わせると、50社以上もあるので、このような疑問を持つのも当然です。

本ページでは、転職経験のある方100名以上へアンケートを実施すると同時に、実際に転職サイトに登録し、各社のサポート内容などの違いを徹底的に調査してみました。

そこで、50社以上ある転職サイトから本当におすすめできる転職サイトを2社を厳選し、紹介していきます。

アンケートと有識者の意見を元におすすめしているので、これから転職サイトに登録しようと検討している方、過去に転職サイトを利用したけど失敗した経験のある方にとって参考にしていただけるはずです。

本ページで使用しているデータについて
調査元:クラウドソーシング
調査方法:転職経験のある方(20代~50代)を対象としたアンケートを実施
実際に転職サイトに登録したレビュー

調査期間:2019年8月~2019年9月
登録数ランキング
転職サイト名 特長
マイナビエージェント

20代の転職者満足度No.1
マイナビ独占求人あり

公式HP

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1
非公開求人数10万件以上

公式HP

パソナキャリア

女性の転職に強い
年収UP率67.1%

公式HP

転職サイト登録時に押さえるべき3つのポイント

おすすめ転職サイトを紹介する前に、実際に利用することでわかった転職サイトに登録する時に押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

転職経験者の統計結果のデータも記載してあります。

1.転職サイトを2社以上利用する
2.おすすめ転職サイトに登録する
3.状況に合わせて追加で登録する

転職サイトを2社以上利用する

当然ですが、転職サイトによって保有している求人数や種類が異なります。

求人数や種類は時期によっても変わりますが、2社以上の転職サイトに登録して多くの求人を比較できる状態にしておくことが転職を成功させる上で重要なポイントです。

また、転職サイトを利用する上で注意したいポイントとして、意外と重要になってくるのが転職エージェントとの相性です。

「希望にあった求人を紹介してくれない」「転職させようと強引に勧めてくる」といった転職エージェントがいるのも事実です。

しかし、2社以上の転職サイトに登録しておけば、自分に合った信頼できる転職エージェントに出会える可能性が必然的にアップすることになります。

事実、私が登録してみた転職サイト10社も転職エージェントの対応の仕方や紹介される求人の種類などが全然違いました。

中には、全然こちらの要望を聞かずに求人だけを無理やり紹介してくる転職エージェントもいました。。。

また、本ページで紹介している転職サイトに比べてサポート内容が雑だったり、そもそも紹介できる求人を持っていなかったこともありました。

もし、上記のような転職サイトに1社しか登録していなかったら、希望条件を実現するための転職は難しかったと思います。

ちなみに、当サイトが転職経験者に実施したアンケートによると、100人中75人の人が「2社以上の転職サイトを利用した方が良い」と回答しています。

調査方法:転職経験者100名にアンケート
調査元:クラウドソーシングサービス

転職サイトは無料で利用できますし、実際に使ってみて希望の希望に合う求人が見つからない、担当の転職エージェントと相性がよくないと感じた場合は、転職サイトを切り替えましょう。

2社以上利用することのデメリットは無いですし、転職を成功させるためにも転職サイトを複数社利用することをおすすめします。

おすすめ転職サイトに登録する

2つ目のポイントは、おすすめの転職サイトに登録しておくことです。

50社を超える転職サイトから選ぶのは大変だと思いますが、まずはおすすめ(定番)といえる転職サイトには登録しておきましょう。

おすすめしたい転職サイトは「マイナビエージェント」「リクナビエージェント」の2つです。

この2つは転職を考え始めたタイミングで登録しておいて間違いないです。

私も実際に登録してみて、求人の数と種類、転職エージェントの対応やスキルにおいて、おすすめできる転職サイトだと確信しています。

転職経験者の50%が利用していることもあり、まさに登録しておいて損しない転職サイトといえます。

特に転職が初めての人、転職サイト選びに悩んでいる人はこの2つを選んでおけば間違いありません。

具体的におすすめできる理由は3つ目のポイントを紹介した後にお伝えします。

状況に合わせて追加で登録する

定番の「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」は、転職を検討している人の多くにおすすめできる満足度の高いサイトです。

しかし、すべての人が満足できるとは限りません。

利用してみたら「自分には合わないな」と感じる人もいるでしょう。

そのような場合は、ほかの転職サイトへの登録を検討してみましょう。

実は大手以外の転職サイトは、年齢や希望する職種によって得意な領域が分かれていいます。

得意としている年齢や職種が異なるので、万人受けはしないですが、自分の希望する条件にカチッと合えば満足度高く利用することも可能です。

転職サイトの強みの把握が重要なので、自分がどの職場に転職したいのか、どのような働き方をしたいのか、希望する条件を明確にしておきましょう。

すべての人におすすめしたい転職サイト2選

どんな状況でも登録しておきたい定番の転職サイトは「マイナビエージェント」「リクナビエージェント」です。

当サイトが実施したアンケートでも、50%の人が「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」には登録していました。

調査方法:転職経験者100名にアンケート
対象転職サイト:50社
調査元:クラウドソーシングサービス

ここからは「マイナビエージェント」「リクナビエージェント」2社をおすすめしたい理由や人気の理由を詳しく紹介していきます。

転職者に選ばれる2つの理由

転職経験者の50%が「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」に登録していると前述しましたが、

「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」が転職経験者に選ばれている主な理由は下記の2つです。

1.好条件の求人が多い
2.転職のノウハウが豊富で転職決定率が高い

理由1.好条件の求人が多い

「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」の共通点として、好条件の求人が多いことが挙げられます。

「マイナビエージェント」は転職だけでなく、就職活動においても大手である「マイナビ」を運営している株式会社マイナビが運営しています。

実は私も、就活時にマイナビを利用して就職先を探していました。

新卒に力を入れている企業は、研修制度や福利厚生が整っているなど優良企業であることが多いもの。

「マイナビエージェント」はそういった企業との結びつきが強くいため、転職市場でも好条件の求人を多く保有しています。

一方の「リクナビエージェント」もリクナビを運営するリクルートホールディングスが運営しており、人材業界全般で大きなパイプや影響力を持っています。

そのため各分野の企業から条件を引き出しやすく、好条件の求人を豊富に取り揃えられるのです。

実際に、100人の転職経験者に対してアンケートを実施した結果、この2社を利用して転職をした人の年収UP率が高いことがわかりました。

調査方法:転職経験者100名にアンケート
調査元:クラウドソーシングサービス
マイナビエージェント利用者の声
大手の事務職の仕事を探していましたが、自分の希望の求人を紹介してくださったので満足しています。
大手だけでなく、地元の中小企業の求人なども紹介してくださったので好感が持てました。
待遇もしっかりとしていたので良かったです。
ただ、大手サイトということもあって紹介された求人数多すぎた感じもしたので、焦点を絞りづらかったのでもう少し絞り込んでくれたら有り難かったです。

26歳_男性_営業→事務への転職時に利用
マイナビエージェント利用者の声
初めて利用しましたが、ネットで簡単に登録ができましたし、比較的に自由に転職活動ができるのが良いと思いました。
かつてハローワークを利用したことがありますが、待たされるばかりで仕事を紹介してもらうことができませんでした。
それに比べてマイナビでは、プロの担当が付いてくれて、履歴書の書き方と面接の対策をサポートしてくれる点が良かったです。
ハローワークよりも転職活動をスムーズに進めることができました。

24歳_女性_営業→営業への転職時に利用
リクルートエージェント利用者の声
転職活動を始めた当時、仕事がかなり忙しく、休日も昼まで寝ている生活だったため、コンサルタントの方がいろいろと探してくれたり、私の要望を汲んでくれたりと、とても助かりました。訳あって今の会社にはいられないなと思ったのですが、必要に迫られないとなかなか行動に移すことができない性格のため、コンサルタントの方が履歴書や面談などスケジュールをくんで、期日を設けてくれるため、めんどくさがりな性格の私でも短期間で転職ができました。また、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接を受ける会社の情報も細かく教えてくれました。この会社は、こういう風に自己PRをしてください、とダイレクトに教えてくれるので面接にも不安が少なく挑めました。

31歳_女性_企画→企画への転職時に利用

理由2.転職ノウハウが豊富で転職決定率が高い

2つ目の理由は、両サイトともに転職のノウハウが豊富だということです。

マイナビエージェントは、就職活動でも有名なマイナビグループが運営しています。

人材領域を全般的に扱い、長年培った転職のノウハウがあるため、履歴書の書き方や面接対策、年収交渉や退職サポートなど、転職活動のあらゆる場面で転職希望者の助けになってくれるでしょう。

一方のリクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートホールディングスによるサービスですから、こちらも転職ノウハウが結集されています。

転職においては両社のトップクラスのノウハウを保持しているといえるでしょう。

実際に100人の転職経験者を対象にしたアンケートでも、転職を決めた人の割合はこの2社が特に高くなっていました。

調査方法:転職経験者100名にアンケート
調査元:クラウドソーシングサービス
マイナビエージェント利用者の声
キャリアコンサルタントを利用してよかったことはやっぱり転職に関する相談が面と向かって出来たということです。転職する時は失敗しないようにするあまりかなり慎重になりすぎていたところがあり、行かなくてもいいのだからいろいろ受けてみるべきだという話をもらった事や、話を聞くまではあまりいいイメージを持ってなかった仕事の話などを聞くことが出来たということがとても有意義であったと思います。話を聞いた後でこれまで行ってきた転職活動に関してかなり無駄な部分が多かったということに気づかされたと同時に30過ぎでもまだギリギリではあるものの新しい職種にもチャレンジできるのだなということを認識させてもらいその後の転職活動に生かすことが出来ました。

28歳_女性_経理→総務への転職時に利用
リクルートエージェント利用者の声
案件総数が多かったので使ってみて良かったです。また、面接対策がしっかりとしていたので安心でした。そして、内定率がとても高いところが最大のメリットだと思いました。

26歳_男性_営業→営業への転職時に利用
マイナビエージェント


マイナビエージェントの特徴

・転職のサポート期間が無期限
・20代、第二新卒の転職に強い
・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
公式ページはこちら
約3分で読めます

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

・転職成功実績NO.1
・非公開求人数約10万件
・業界最大手で企業とのパイプが強い
・満足度99%面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

公式ページはこちら
約3分で読めます

マイナビエージェントとリクルートエージェントを使って分かった他サイトとの違い

ここまで「マイナビエージェント」と「リクルートエージェント」をおすすめできる理由を紹介しました。

それでも本当に良いサービスなのか、何がそんなに良いのかなど、なかなか決め手が見えてこないという方のために、利用して分かった他の転職サイトとの違いをお伝えします。

労働条件以外の内部事情を提供してくれる

まず違いを感じたのはエージェント(担当者)の情報提供力です。

他サイトの場合、年収や勤務地といった条件面についてのみ情報提供をするエージェントがほとんどでした。

一方でマイナビエージェントとリクルートエージェントは、条件面以外にも独自の情報提供をしてくれたのが印象的でした。

具体的には、求人を出している企業の経営方針や代表の考え方、会社の将来性、どのような人が働いているかといった内容です。

こういった情報は入社後のミスマッチを避けるためにとても大事な情報です。

すべての企業に対して、かなり深いやり取りをしているということが伝わってきました。

求人を紹介するだけでなくキャリアの相談もできる

面談してくれたエージェントのヒアリング内容も印象に残っています。

将来どんなキャリアを描きたいのか、どんなスキルを身に付けたいのか、何を大切に働きたいのか、といったキャリアビジョンまでしっかり聞いてくれました。

他サイトのヒアリングでは簡単な条件面など、表面的な内容だけだったので対応の違いは明らかでした。

私自身は転職によって「年収を上げたい」という希望があって登録をしたのですが、エージェントは「これからどんなキャリアを積んでいきたいですか?」と将来像についての質問をしてくれました。

さらに求人を選ぶ際も「この企業は年収は高いのですが、あなたのやりたい業務内容ができないし、目指しているキャリアには結びつきにくいのでおすすめしません」とハッキリ言ってくれたのも印象的です。

目先の内定だけでなく、転職してからもやりがいを持って仕事を続けられるように、求職者のことを考えてくれているんだと感じました。

状況に合わせた転職サイトを紹介

ここからは「30代の女性だけどキャリアチェンジしたい…」「地方に住んでいるけど仕事が見つかるかな…」など、一人ひとりの状況に対応できる転職サイトを紹介します。

その前に、どうしてもお伝えしたいポイントがありますので、ぜひご一読ください。

「希望条件に合った求人が充実しているか」に注目

求人数の多さは転職サイトを決めるうえで重要なポイントですが、求人数だけに固執しすぎるのも問題です。

なぜなら、求人数の多さと「自分にとって条件の良い求人があるかどうか」は別の話であるためです。

たとえば、高年収の求人にこだわりたい時は求人数そのものが多くても、年収の低い求人ばかりの転職サイトでは理想の求人は見つかりません。

実際に大手の転職サイトで調べたところ、正社員の求人数は「約110,000件」でしたが「高年収」の条件で絞り込んだら「160,000件」まで激減。。。

だからこそ、自分が譲れない条件の求人が充実している転職サイトを確実に選ぶ必要があるのです。

これから紹介する転職サイトは転職で実現したいこと、職場別、属性別など特定の条件に特化しています。

マイナビエージェントとリクルートエージェントについてはここでは触れていませんが、「これなら私の条件にぴったり!」と思える転職サイトが見つかるはず。

比較対象としたのは下記6サイトです(対象時期:2019年9月)

  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • doda
  • リクナビNEXT
  • JAIC
  • ワークポート
  • type転職エージェント
  • フーズラボ
  • 転職で年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ

    ビズリーチの特徴

    ・高年収、ハイキャリア層に特化
    ・年収600万円以上の求人が多数
    ・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
    ・女性向けのエグゼクティブ求人も多数掲載

    登録の際に27問の基本情報を入力するだけで、優良企業からのスカウト率が大幅アップするので入力を忘れずに!
    近年、求人数が飛躍的に増加し、転職で年収アップを目指すのであれば登録しておいて間違いない転職サイト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    ビズリーチは求人の質の高さに自信あり!

    高年収、ハイクラス向けの転職サイトとうたっているだけあり、ビズリーチは求人の質が非常に高いという強みがあります。

    特に、「高収入」「管理職・経営層」「外資系」の求人数が多いことが特徴です。

    高収入の求人情報が多い

    ビズリーチの公式サイトによると、年収1,000万円を超える求人が1/3以上です。

    実際にサイトに登録して年収1,000万円以上の求人を検索してみると、4.2万件以上の求人がヒットしました。(2019年9月現在・公開求人のみ)

    同じく、高年収、ハイキャリア向けの別の転職サイトでは年収1,000万円以上の求人は約1万件だったので、ビズリーチは圧倒的に高年収求人の数が多いということがわかります。

    もっとビズリーチの詳細をみる

    女性の転職ならパソナキャリアがおすすめ



    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・転職後の年収アップ率67.1%
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『マイナビエージェント』や『リクルートエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、首都圏で転職を検討している女性におすすめの転職サイト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリアはライフイベントに寄り添った求人紹介が強み

    パソナキャリアはパソナキャリアカンパニーが運営する転職支援サービスです。

    創業以来、「正しい就職」「正しい転職」「正しい再就職」を変わらぬ理念のもと運営されていることもあり、利用者の満足度がとても高いのが特徴です。

    キャリアに寄り添って提案してくれる転職エージェントであるため、結婚や出産などライフイベントを重視する女性におすすめの転職サイト。

    数多くの求人を提案してくれるので、色々な求人を幅広く見た上で判断したい人は使ってみて下さい。

    また、求人紹介数、職場の内部事情も詳しく教えてもらうことができるので情報収集としても非常に有効活用できます。

    営業・製造・エンジニア系を目指すならdodaがおすすめ



    dodaの特徴

    ・営業、製造、エンジニア系に転職したい人におすすめ
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・書類選考なしの面接が受けられる面接確約オファー
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    dodaは営業・製造・エンジニア系の保有求人数が強み

    dodaは営業・製造・エンジニア系求人が多く、それらの職種は公開求人でも10,000件以上掲載されています。

    また、2019年度に掲載された求人の約50%が「従業員100以下の企業」となっており、大企業と中小企業の割合は半々くらいです。

    「やっぱり転職は大手が良い」「中小企業と一緒に成長したい」などのキャリアプランを持っている場合でも、dodaは登録しておくといい転職サイト。

    dodaは業界、職種に特化したエージェントが在籍しており、希望する業界、職種に合わせて専任のエージェントが転職をサポートしてくれるのも強みです。

    とりあえず求人を見るだけリクナビNEXTがおすすめ



    リクナビNEXTの特徴

    ・常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    ・新着・更新求人が毎週1.000件以上
    ・レジュメ登録するだけでスカウトが届く
    ・独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

    会員数700万人以上、求職者の約8割が使っているサービス。
    エージェントのサポートは受けることができないため、他の転職エージェントサイトと併用することがオススメ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXTは気軽に求人を見れるのが強み

    リクナビNEXTには約30,000件以上の求人があり、そのうち80%以上がリクナビの限定求人です。

    そのため、面接対策や年収交渉などのサポートは受けることができませんが、求人を見てみて情報収集してみようという人にはおすすめ。

    ただ、求人に応募する際には不利になってしまうこともあるので、本格的に転職活動をするときは転職エージェントを使いましょう。

    ※リクナビNEXTに掲載されている求人は、同社が運営するリクルートエージェントで応募できる可能性が高いです。

    また、リクナビNEXTには転職者に嬉しいサービスが1つあります。

    それは、あなた自身の職歴や所有している資格などを入力すると、職務経歴書や履歴書をWord形式でダウンロードすることができます。

    インターネット上にたくさんある履歴書や経歴書のフォーマットですが、リクナビNEXTが提供しているフォーマットであれば間違いありません。

    フリーターから正社員になるならJAIC(ジェイック)がおすすめ



    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターから正社員に転職したい人は登録しておくべきサイトです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    JAIC(ジェイック)は充実した研修が強み

    求職者向けに5日間の研修を行なっており、最短で就職・転職活動に必要なスキル・知識を学ぶことができます。

    JAIC(ジェイック)は一般企業向けに研修プログラムの提供も行っているため、質の高い研修プログラム、教育ノウハウを提供することができています。

    研修の内容を一部紹介すると、「社会人としての考え方」「社会のルール」「ビジネスマナー」「営業スキル」「採用されやすい履歴書の書き方」「面接やプレゼンのスキル
    」「自己分析の仕方」などです。

    また、研修を修了すると、JAIC(ジェイック)が推薦する優良企業20社すべてと書類選考なしで面接をすることができます。

    面接の場では、企業側が求職者を評価するだけでなく、求職者側も企業を評価します。

    そして、どちらともが高評価をした時でないと内定とはなりません。

    どちらも評価するシステムだからこそ、入社後1年以上の定着率は93%以上です。

    ゲーム業界への転職ならワークポートがおすすめ

    ワークポートの特徴

    ・ゲーム、IT、Web業界に特化
    ・未経験からのキャリアチェンジに強い
    ・東京・横浜・愛知・大阪・福岡の求人が多い
    ・業界未経験向けの無料スクール

    保有している求人の役50%がIT・ゲーム系で転職サポート実績も多数。
    もちろん大手ゲーム会社(セガ、gumi、コロプラ、Gunghoなど)の求人も保有し、未経験からのチャレンジも可能。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    ワークポートは業界未経験での転職に強み

    転職者のサポートを行うエージェントは、特に未経験分野への転職への転職サポートに強いとされており、業界未経験・実務経験なしの転職でも手厚くサポートすることで転職を実現。

    転職活動時の面接や書類選考対策に力を入れており、紹介する企業によっては過去数年間の面接データを分析し、具体的でていねいな対策を実施しています。

    また、業界未経験者向けに東京・大阪・福岡で転職ノウハウセミナーを定期的に開催しています。

    ゲーム業界の転職を得意としていますが、ITエンジニアだけでなく、プランナーやディレクター、デザイナー等のいわゆる「クリエイティブ職」に対する求人も多数保有しているため、IT分野でのジョブチェンジを検討している人にもおすすめ。

    IT業界、事務職への転職ならtype転職エージェントがおすすめ

    type転職エージェントの特徴

    ・IT業界、事務職の求人が豊富
    ・1993年から転職サポートをしている老舗
    ・IT業界出身のエージェントが在籍
    ・転職者の71%が年収アップ

    他の転職サイトよりも女性の転職エージェントの在籍数が多いこともあり、女性に人気の事務職の転職サポートにも力を入れている。
    サポート対象地域を限定しているため、東京、神奈川、埼玉、千葉(1都3県)に在住している人におすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    type転職エージェントは在職中の転職活動サポートに強み

    在職中に転職活動を行う人が多いと思いますが、求人の確認やエージェントへの返信は就業時間帯に対応しづらいですよね。

    そのような問題を解決するために、type転職エージェントは求職者とのコミュニケーション手段として「LINE公式アカウント」を使ったメッセージのやり取りを可能にしています。

    アドバイザーから提案される求人やおすすめ求人メッセージがLINEで受け取りすることが出来たり、面接や筆記・適性試験の日程をリマインドしてくれたりします。

    そのため、在職中の転職活動を効率的に進めることが出来ます。

    飲食業界への転職ならフーズラボがおすすめ


    フーズラボの特徴

    ・飲食業界の転職に特化
    ・飲食店スタッフが選ばれている転職エージェント
    ・国内・国外問わず大手から個人店まで紹介可能
    ・従業員からヒアリングした独自レポート

    働いている人のキャラクターや残業時間、業務内容などを詳細に教えてもらうことができる。
    キャリア相談だけでもOKなので、すぐに転職することを検討していなくても大丈夫。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    フーズラボは職場の内部事情に詳しいことが強み

    フーズラボは、キャリアアドバイザーが独自レポートや体験入店を行っているため、検討している職場の詳細な情報を教えてもらうことが出来ます。

    具体的には「従業員へのインタビュー実施」「店舗の視察・実際に食事提供」「体験入店レポート作成」をエージェントはしています。

    そのため、働いている人のキャラクターや残業時間、業務内容などを詳細に教えてもらえるので、転職後のミスマッチを防ぐことに繋がります。

    年間相談数5,000名以上といった実績があり、飲食業界転職エージェント信頼度No.1を獲得しています。

    転職サイトにまつわる4つの疑問

    転職サイトには多くのメリットがある一方で、多くの人が疑問を感じるポイントもあるようです。

    それが解消されないと登録への第一歩は踏み出せませんよね。

    ここでは、転職を検討している人が抱える転職サイト4つの疑問とその答えを紹介します。

    疑問1つ目.「転職サイトランキング」は信じていい?

    ネットで「転職サイト おすすめ」「転職サイト 比較」などと検索すると、数多くのランキングサイトが出てきます。

    転職サイトの選び方がわからない人にとっては参考にしたいところでしょう。

    しかし残念ですが、ランキングサイトの多くは根拠の薄い信頼性の低いものです。

    そもそも、転職を検討している人によって現在の状況や転職に求めることは違います。

    そのため、第三者が作ったランキングはどうしても基準がズレてしまうので、あまりランキングは参考にできません。

    ランキングよりも転職サイトの強みをしっかり理解し、自分に合った転職サイトを選ぶことが何より大切です。

    疑問2つ目.相性が悪くても転職エージェントは代えられない?

    転職サイトに登録したものの、エージェントが希望とズレた求人を紹介してくる、動きが遅い…ということもあるでしょう。

    なかには「うまく言えないけどなんだか嫌だ」というケースもあるはず。

    これは「ハズレのエージェント」にあたってしまったということです。

    それでも我慢しなければならないのでしょうか?

    いいえ、我慢する必要は一切ありません。

    担当を代えて欲しいと伝えれば、サポートしてもらうエージェントを代えてもらうことが出来ます。

    直接本人には言いにくいでしょうから、転職サイトの窓口に伝えても問題ありません。

    少し気まずいかもしれませんが、転職サイト側にとってはよくあることなので受け入れてくれます。

    疑問3つ目.転職エージェントの言うことは全部正しい?

    転職サイトに登録すると、転職のプロでいろんな業界に詳しいエージェントが専任で転職をサポートしてくれます。

    頼もしい存在なのですが「エージェントにすべて任せきってしまう」のも問題です。

    まずは、自分自身がどうしたいのかというをしっかり持ってコミュニケーションを取りましょう。

    また、経営に余裕のない企業が運営している転職サイトの場合は特に注意すべきです。

    なぜなら、エージェントが以下のような対応をする可能性があるからです。

  • ノルマ達成のため望まない転職を強引にすすめてくる
  • 転職の希望や意志を無視して、紹介料が高い職場をすすめてくる
  • 一人ひとりに向き合わず、いい加減な対応をする
  • これを避けるためには、「誰もが知る大手企業であるかどうか」を基準に転職サイトを選びましょう。

    大手であれば、経営状況に波はあっても会社が傾くことはありません。

    「まずは求職者の希望ありき」という姿勢で向き合ってくれるはずです。

    疑問4つ目.能力が高い転職エージェントの特徴は?

    転職を成功させるためには、能力が高い転職エージェントにサポートしてもらうのが一番です。

    ただし、能力の良し悪しを把握するのはなかなか難しいものです。

    「愛想があれば良い」という単純な話ではありません。

    あなたを担当しているエージェントはこれに下記の項目に1つでも該当するでしょうか?
    優秀なエージェント五箇条

    1.入社するうえの懸念点をフィードバックしてくれる
    2.条件面だけなく、キャリアにどういう価値があるかアドバイスをくれる
    3.企業に、回答期限の延長や年収の交渉をしてくれる
    4.「他にいい求人案件は、ないですか?」という質問に根気強く付き合ってくれる
    5.社長や役員、人事責任者などとの強いパイプがあり、面接を自由にセットできる

    まとめ

    転職サイトは一見するとどれも変わらないように見えますが、転職を検討する一人ひとりの状況に応じて、おすすめの転職サイトが異なります。

    実際にサービスを利用してみるまでは「転職サイトごとの違いなんて求人数くらいじゃないの」と思っていました。

    しかし、多くの大手転職サイトを利用し、サービスを受けてみて初めて転職サイトごとの特徴や強みが分かってきました。

    特に「マイナビエージェント」と「リクルートエージェント」の2社は、ほかの転職サイトとサービスの質が大きく違っていたのは上述した通りです。

    今回の記事が参考になり、自分に合った転職サイトを見つけてください。

    正しく転職サイトを選部ことは、転職を成功させるための第一歩です。

    【年代別】転職したいけど自信がない人がやるべきこと

    「転職したいけど、自分にはスキルも自慢できる経験がないから転職できる自信がない…」
    「どんな仕事がしたいとか、あの会社に行きたいという具体的な希望はないけど転職したい…」

    今の職場には満足していないし、このままでいいのかな…と思いつつも、一歩が踏み出せないという人は多いです。

    もし「転職をしてみたい」と少しでも思っているのであれば、行動をしてみることをおすすめします。

    そこで、この記事では、転職したいと考え始めた人が「転職するためにやるべき準備」や「転職をした人がどのような理由で転職しているか」ご紹介します。

    転職活動(求人に応募)する前の3ステップ

    「転職したい」と思った時にやるべき3ステップをご紹介します。

    これから紹介する3ステップを押さえておくことで、自分の置かれている状況を整理し、転職の軸を定めることができるのです。

    ステップ.1 転職の目的となりたい将来を想像してみる

    「転職の目的」「なりたい将来を想像してみること」は、いずれも転職活動の軸となる部分なので自分なりに整理しておくことが重要です。

    今後の転職活動の方向性を考えるためにも可能な限り、自分と向き合う時間をつくり、やりたいことを深掘りしておくことが転職を成功させることに近づきます。

    また、転職の目的となりたい将来を設定しておくことは、転職すべきか判断することにも繋がります。

    転職動機は人によってさまざまですが、そんな時に上記を深掘りしておくことで、そもそも本当に転職すべきなのかを、冷静に判断することができます。

    具体的には、以下ポイントをしておきましょう。

  • なぜ転職したいのか
  • 転職によって実現したいこと
  • 転職後になりたい将来の姿

  • 「転職によって実現したいこと」について、多数の条件が浮かぶ場合は、優先順位をつけておきましょう。

    優先順位をつける際は

  • 絶対に変えたいこと
  • できれば変えたいこと
  • に分けると整理しやすくなります。

    分類分けされた中で「絶対に変えたいこと」に該当するものが、転職理由や転職後の希望の核となってきます。

    また、転職理由を考える際には、絶対に変えたいことが「今の職場では変えられることか」「転職することで本当に変えられるこか」まで突き詰めて考えてみるとよいでしょう。

    全ての条件を満たす転職先というのは、なかなか見つからないものです。

    そんな時、最も重要な条件は何か、妥協してもよい条件は何かを整理しておけば、転職すべきかどうかの判断を下しやすくなります。

    ステップ.2 転職するまでのスケジュールを立てる

    転職スケジュールが曖昧だと、転職活動の期間が長期化してしまいストレスが溜まったり、焦りが出てきます。

    どの時期に何をすべきか、どれくらいの時間を要するかなど、ざっくりでいいのでスケジュールを立てましょう。

    在職中の職場の人に迷惑をかけずに気持ちよく退職・転職するためにも、転職活動期間は3ヶ月から6ヶ月を目処に考えましょう。

    下記にスケジュールの一例を記載しておきますので、参考にしてください。

  • 転職準備期間(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • この間に自己分析や情報収集などを行います。

    転職先で必要な未取得の資格がある場合は、内定がもらえるまでに取得できるか確認しておきましょう。

    準備期間の最後には、書類作成を行います。

    転職の目的や将来像などが明確化していれば、書類作成は約5日ほどで書けるようになります。

  • 選考・面接・内定獲得(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • 実際に転職活動を行う期間です。

    これ以上長くなる場合は、準備期間が不足している可能性があります。

  • 退職準備(約1ヶ月〜2ヶ月)
  • 退職交渉や引き継ぎの期間です。

    転職先企業からは、「できるだけ早く入社して下さい」と言われることが多いですが、一般的に退職交渉は、退職の1ヶ月前から2ヶ月前が一般的。

    あまりに退職を急いでしまうと、退職交渉がうまくいかなかったり、退職先への印象が悪くなってしまい、書類の取り寄せなどに支障をきたす場合がありますので、1ヶ月〜2ヶ月を目安に退職準備を行いましょう。

    ステップ.3 キャリアを振り返る

    これまでどんな仕事をしてきたのか、自分にはどんな仕事が合っているのかを知ることで、転職後のミスマッチを軽減することができます。

    また、面接時に自分の強みをアピールし、弱みをカバーするためにも必要な作業です。

    振り返るべきキャリアとは・・・

  • 仕事の概要
  • いつ、どんな仕事に携わっていたかをまとめてみましょう。

    勤務地、昇格した経験なども振り返っておくと、整理されやすくなります。

  • 具体的な仕事内容
  • 携わった仕事の中で、トピックになる経験を振り返りましょう。

    「成功経験」だけでなく「失敗経験」も思い出してみましょう。

    成功体験の振り返りが中心になると、自己理解が浅くなり、面接で人事担当者に見抜かれてしまいます。

  • 仕事でやりがいを感じた時/感じなかった時
  • 「どんな仕事の時に自分はやりがいを感じたのか/感じなかったのか」を言語化しましょう。

    「仕事が評価された」といった仕事観点や、「上司や先輩と相性が良かった」といった職場観点など、自分特有の「やりがいポイント」を探してみましょう。

  • 仕事のスキルやスタンス
  • キャリア全体を振り返り、あなた自身のスキルやスタンスを振り返りましょう。

    スキルだけでなく、考え方やスタンスといったプラスの成長観点も言語化することで、面接でのアピール材料を集める事ができます。

    振り返るポイントがわからない人は転職エージェントに相談するのもアリ

    振り返るポイントがわからない、一人で転職する自信がないという人はキャリア相談のプロである、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

    転職についての相談相手というと、家族や友人、仕事仲間などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、転職の悩みは転職エージェント(人材紹介会社)に相談することをおすすめします。

    転職エージェントはキャリアのプロとして、転職したいと考える人たちの転職支援を仕事にしているため、転職活動するうえでのアドバイスをしてくれます。

    そもそも転職エージェントとは・・・
    転職エージェントは、人材会社とも呼ばれる転職支援のプロ集団のことです。

    登録するとキャリアアドバイザーという専任担当者がつき、転職活動全体を無料でサポートしてくれます。

    転職エージェントを選ぶときの3つのポイント

    ここでは、転職エージェントを利用するにあたって、どのようなポイントで選ぶべきか紹介します。

    1.キャリアアドバイザーの専門性

    転職エージェントのサービスの良し悪しを決めるのは、キャリアアドバイザーの専門性やスキル、実績次第といっても良いでしょう。

    実際に求職者に対しサービスを提供するのはキャリアアドバイザーであるため、選ぶ際に重要な軸となるのです。

    転職に対するアドバイスの伝え方や気配りなど、求職者に対する接客態度も重要ですが、もっとも重要視すべきなのは転職を希望する業界に担当アドバイザーが精通しているかどうかです。

    転職活動は、だいたい3ヶ月〜半年といわれていますが、転職した先の職場で過ごす時間はそれ以上になるためです。

    そのため、

  • 求職者の希望する条件に合う企業を紹介できるか
  • その企業から内定がもらえるようにサポートできるか

  • の2点がキャリアアドバイザーには強く求められます。

    アドバイザーの力量によって、人生が大きく左右されてしまうことを考えると、質の高いアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことは重要なポイントのひとつだといえます。

    非公開求人数

    転職エージェントでしか得ることができない非公開求人を紹介してもらえる点も、転職エージェントの魅力のひとつです。

    非公開求人の中には、事業の核となるポジションや高待遇の求人の他、人気企業や大手企業の求人があります。

    せっかく転職エージェントを利用するなら、非公開求人を紹介してもらうべきです。

    転職エージェントを選ぶ際には、この非公開求人数をどの程度保有しているかも転職エージェントを選ぶ際の重要なポイントです。

    サービスの充実度

    求人紹介や応募書類の添削など、基本的なサービスを除いたプラスのサービスがどのくらい充実しているのかは、転職エージェントを選ぶときのポイントとなります。

    特に、アフターフォローは大切な項目です。

    まれに転職活動が終わって、転職先に入社した後で、「入社前に話していた給与と違う」「合意した職種・役職に就かせてもらえない」といったトラブルが発生することがあります。

    このようなトラブルに対応してくれるかどうかは、最初に確認しておきましょう。

    転職エージェントによっては、転職活動終了後、数ヵ月でサポートが終了してしまうところもあります。

    転職エージェントを選ぶ際には、転職活動終了後のサポートをいつまで受けられるのかを、事前に確認しておくと良いでしょう。

    《年代別》転職エージェントを利用する際のポイント

    一般的には、年代によって転職活動の事情は変わっています。

    それは、企業が求職者に求めるものもそうですし、求職者が企業に求めることも変わっていくことが関係しています。

    今回は20代〜40代の年代別に、転職エージェントを利用する際のポイントについてお伝えします。

    20代

    仕事のやりがいや企業のネームバリュー、会社規模で就職先企業を決める新卒、20代転職者が多いです。

    新社会人として働き始めたものの「思っていた会社、業務内容と違った…」と思い、転職を考える人が増えています

    また、30歳という節目の歳を前に転職を決意する人も多いです。

    なぜなら「30代になると未経験の仕事に転職してチャレンジするのが難しくなる」というイメージからか、他業界や他職種に挑戦する人も多くなります。

    他業界へ転職する場合、基本的な業界の流れなどもわからないまま、1人で転職活動をした場合、在職中で時間があまり確保できなかったり、余計な時間を費やしてしまう可能性があります。

    そこで、その業界・職種に精通したキャリアアドバイザーのサポートが受けられる転職エージェントを利用すれば、希望の転職先を効率よく見つけられる可能性が高くなります。

    また20代は、キャリアが浅く経験やスキルが不十分である可能性がある時期であるため、職務経歴書に記載するアピールポイントがわからないと悩む人も多いです。

    企業から求められる人材を理解している転職エージェントを利用することで、これからのポテンシャルを活かした面接対策や書類作成におけるサポートを受けられるため、転職活動を安心して進めすることができ、自信を持つことができます。

    30代

    30代は、ある程度仕事を任せられるようになり、大きなポジションに就く可能性もある年代になります。

    裁量が増えることで仕事がおもしろくなり、将来を見据えたキャリアアップを考え始める人も増えてきます。

    転職エージェントが保有する求人の中には、マネージャーといった管理職を募集をしているケース新規事業のような会社の未来を創るための重要なポジションを募集しているケースも多いのです。

    また、高いスキルを持っている人に対して高年収を提示している企業は、決して少なくありません。

    そのほかにも、結婚や出産といったライフスタイルの変化により、家族との時間を大切にしたいと考える人も増えてくるのも30代の特徴です。

    そのため、休日が多く取れる企業や残業の少ない企業へ転職を希望する人も多くなります。

    しかし、30代の転職では戦略を立てて計画的に活動しなければ、希望の条件を叶えることが難しいです。

    そこで、転職のプロである転職エージェントを利用して、あなた自信を企業へ売り込むためのアドバイスをもらうのは賢い選択です。

    また、現職で多忙な日々を過ごす30代の人は、転職活動に割く時間は20代に比べ多くないはず。

    転職活動の時間の節約、現職に影響を出さないプロフェッショナルとしても、転職エージェントの活用がおすすめです。

    40代以上

    40代では、子供が成長していくことで高校や大学といった教育費が今まで以上増える傾向があります。

    また、転勤が多い企業に勤めている場合には「子供の転校や妻の友人関係、両親の介護などに影響があるから…」と、転勤のない企業へ転職を考える人もいます。

    そのような希望条件を実現する公開求人には応募が殺到するため、書類選考を突破すること自体が難しくなるケースがあります。

    しかし、非公開求人であれば、公開求人に比べてさほど応募者が殺到することはありません。

    高いスキルや豊富な経験を求めている企業であれば、転職することで収入アップできたり、転勤などの条件面もキャリアアドバイザーが情報を把握しているため、ミスマッチを防げるのも大きなメリットとなります。

    企業が非公開で40代以上の求人募集をする理由のひとつに、企業にとって経営にも関わる求人を出していることを、競合他社に知られないようにしているためということもあります。

    そのような企業の条件を満たす経験やスキルを保有している人であれば、好条件な求人を紹介される可能性も高くなります。

    40代以上では転職することが難しいと思っている人も多いようですが、40代の経験やスキルを求めている企業は多くあるため、転職をあきらめる必要はありません。

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    オススメな転職エージェント一覧

    転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • 豊富な業界・職種の求人(非公開を含む)を保持しているか
  • 求職者を企業に提案できる力と求人データベースを保有しているか
  • 転職をサポートできるノウハウ(実績)が社内にあるか

  • おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    保有している求人が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    まずは求人を見てみたい、という方にもおすすめ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    転職を検討しているのであれば、登録しておくべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    JAIC(ジェイック)


    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターの人は登録しておくべきサイトです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 非公開ってなに?求人の見つけ方と転職勝ち組になる方法

    転職を検討中の方、転職活動中の方であれば一度は”非公開求人”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

    しかし、なぜ求人が非公開になっているのか、非公開求人に応募する方法やメリットを知っている方は少ないと思います。

    結論からいうと、

    非公開求人には、高年収な求人や管理職などといった好条件の求人が多いです。

    また、採用を急いでいる可能性も高いため、内定がもらいやすいというのも特徴です。

     

    • なぜ求人を非公開になっているのか
    • 非公開求人で勝ち組になる方法

    をお伝えします。

    企業が求人を非公開にする2つの理由


    まずは、なぜ求人が非公開になっているのか、その理由から見ていきましょう。

    求人が非公開になっている理由は大きく分けると2つの理由があります。

    そもそも、非公開求人とは・・・
    主に一般的な求人情報誌や転職サイトに掲載されない求人情報の事を非公開求人といいます。採用を行う企業は、採用目的、採用したい職種、採用にかかるコスト、時間的な効率などの観点から、求人広告への出稿、人材紹介会社への求人依頼などの手段を使い分けています。例えば、採用企業が新規事業を目的とした人材募集を極秘で行う場合や、ポジションに見合う人材の応募があった時に初めて採用を検討する場合、若干名の募集である場合、求人広告では採用が難しい特定の経験者を求める場合に人材紹介会社へ求人依頼を行います。そのため、求人情報誌や転職サイトに掲載される求人情報と掲載されない求人情報が出てきます。

    特に後者の一般に掲載されない求人情報を非公開求人と呼びます。

    非公開求人は人材紹介会社に登録することで、情報提供、紹介を受けることができます。

    非公開の理由.1 応募の殺到を防ぐため

    求人を募集している企業の中には、転職先として人気である企業も含まれています。

    そのような企業の場合、求人を一般に公開してしまうと、応募が殺到する可能性があります。

    応募が殺到してしまうと、企業側の採用担当者は、毎日数十件〜数百件の履歴書・職務経歴書・ポートフォリオに目を通すことになります。

    いくら採用業務が中心である採用担当者だとしても、物理的に不可能ですし、業務を圧迫してしまいます。

    そのため、求人を一般に公開するのではなく、転職エージェントのような転職支援サービスを使うのです。

    転職エージェントが企業側の求める条件にマッチする人を選定するところまでサポートしているおかげで、企業の採用担当者は採用条件を満たした人材から選ぶことができ、スムーズに選考プロセスを進めることができます。

    非公開の理由.2 人材募集を社内外に知られたくないため

    管理職や経営層などの重要なポストが空く場合、社内外に情報が洩れることを嫌います。

    また、新規事業や経営企画、重要なプロジェクトが始まる場合にも人材を募集することがありますが、社外秘で進めている計画を競合に知られてしまうとプロジェクトの進退や会社の業績に影響してしまう可能性もあります。

    また、社員が自分の勤めている企業の上層部クラスを募集する求人を発見したりすれば、「自分の会社が上層部クラスの人材を募集している。ということは、今のそのポストに就いている方は、近々退職するのかもしれない」などと、人事に関する噂が社内に広まってしまうかもしれません。

    このような噂は、企業にとって社員の不安を煽ることにもつながり、大きなマイナスになってしまいます。

    これらの事情から、採用に関する情報を競合に知られずに進めたい場合に非公開求人として人材を募集する形がとられます。

    非公開求人のメリット・デメリット

    企業が求人を非公開にして人材を募集することは上述した通りですが、非公開求人にはデメリットも存在します。

    そこで、非公開求人のメリットとデメリットを記載しておきます。

    非公開求人の2つのデメリット

    1.求められる職務レベルが高い

    非公開求人は、企業が条件に合った人材のみ(即戦力など)を求めている場合がほとんどです。

    特にマネジメント層や専門職の人材募集となると、高いスキルや豊富な経験を要求される場合があることがあります。

    2.情報が限られている

    具体的な仕事内容や待遇など条件面の詳細について、転職エージェントの頭越しに企業に直接確かめることはできないことがあります。

    企業についての情報を知りたいときは、転職エージェントの担当者に連絡することで情報を教えてもらうことができます。

    また、基本的には紹介してもらった転職エージェントからの情報しか得られないのも、デメリットと言えるでしょう。

    非公開求人のメリット

    求人数が多い

    非公開求人は転職エージェント各社が扱う求人の約8割〜約9割を占めていることがあります。

    そのため、転職エージェントを利用すると、転職サイトよりも多くの求人情報を見ることができます。

    大手企業や有名企業の求人がある

    非公開求人の中には、応募が殺到してしまうなどの理由から、転職エージェントに依頼している大手企業や有名企業の求人情報があります

    転職を希望する企業の公式サイトや転職サイトに求人情報がなくても、転職エージェントを通じて出合うことができるかもしれません。

    また、企業側が求人を募集していない場合でも、転職エージェントが企業に交渉してくれることもあります。

    幹部クラスの求人もある

    幹部クラスの求人情報など、条件が良い求人が多いのも非公開求人のメリットです。

    マネジメントの経験があり、管理職層への転職を希望する人などは、公開求人よりも非公開求人から探したほうが希望に合致した求人を見つけやすいといえます。

    限定された人しか見られない

    非公開求人は、公開求人と違って誰でも情報を閲覧できるわけではありません。

    求人情報にマッチした人のみが転職エージェントから情報を紹介してもらい、応募することができます。

    そのため、求人情報を紹介してもらった時点で、自分がその企業の求める人材像にある程度マッチしているといえます。

    結局、非公開求人と公開求人どっち使うべき?


    非公開求人、公開求人のどちらもメリット・デメリットがあります。

    参考までに非公開求人に向いている人、公開求人に向いている人を記載いたします。

    非公開求人に向いている人

    非公開求人に向いているのは、自分のやりたいことが明確に定まっている人です。

    細かい条件を提示することによって、より自分にあった求人を見つけることができます。

    特に、転職前と同じ業種でスキルアップや給料アップを目的としている人は、非公開求人を利用するほうが良いでしょう。

    公開求人に向いている人

    公開求人に向いているのは、転職において様々な選択肢を視野に入れている人です。

    公開求人は、自分主体で様々な情報を取り入れることができます。

    自分の可能性を狭めずに、様々な職種を調べたいと思っている人には公開求人をおすすめします。

    目標がある程度定まったなら、そこから転職エージェントを利用する方法に切り替えてもいいかもしれません。

    非公開求人で転職勝ち組になる方法

    好条件求人が多かったり、内定がもらいやすかったりとメリットの多い非公開求人に応募するためには、転職エージェントへの登録が必要です。

    ※転職サイトやハローワーク、求人誌などでは見つけることができません。

    ※転職エージェントの登録は、現在の職種や年収、転職希望時期、メールアドレスのみ入力するだけなので約3分で登録することができます。

    その後、担当のキャリアコンサルタントとの面談の中で転職先の希望条件や転職希望時期などを伝え、条件に合った非公開求人を紹介してもらいましょう。

    キャリアコンサルタントとの面談の際には、これまでの職務経歴や自身のスキルを正直に伝えましょう。

    また、求人を伝えるときは譲れる部分と譲れない部分を明確にしておいて、できる限り具体的に伝えます。

    そうすることで、キャリアコンサルタントから紹介される非公開求人のマッチングが高まり、効率よく転職活動を進めることができます。

    転職エージェントは求人を紹介するだけではなく、下記のようなサービスも提供しています。

    • 将来的なキャリアやライフプランの相談ができる
    • 転職先の職種や業界のアドバイスがもらえる
    • 履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれる
    • 面接対策をしてもらえる
    • 年収交渉や面接の日程調整などを代行してくれる
    • 退職に関するアドバイスがもらえる

    ※上記のサービスはすべて無料です。

    非公開求人が多い転職エージェント一覧

    転職を検討している人のために、非公開求人が多い転職エージェントを厳選しました。

    おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
    ※登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。

    転職エージェントによって持っている非公開求人の種類は異なりますので、複数のサイトに登録することがおすすめです。

    ※公開求人も見れるようにリクナビネクストも記載しておきました。

    マイナビエージェント



    公開求人数 : 約24,000件
    非公開求人数 : 約150,000件

    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクルートエージェント

    公開求人数 : 約30,000件
    非公開求人数 : 約132,000件

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    doda



    公開求人数 : 約30,000件
    非公開求人数 : 約124,000件

    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリア



    公開求人数 : 約37,000件
    非公開求人数 : 約100,000件

    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXT


    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
    • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

    転職エージェントを複数登録する3つのメリット

    非公開求人を多くカバーできる

    転職エージェントを複数利用すると、それぞれが独自に持つ非公開求人をより多く探すことができる。

    企業側は登録者の多いエージェントに依頼することが多いので、大手転職エージェントに集中する場合が多い。

    そのため、大手エージェントを複数利用すると、非公開求人を見つけるチャンスが広がる。

     

    選択肢の幅が広がる

    転職エージェントを複数登録することで、母体となる求人数が増えるので、求人選択の幅が広がる。

    大手転職エージェントに1社登録すればいいと思われがちですが、大手でもカバーできる求人は限られている。

    また、大手転職エージェントは紹介料が高いといった理由で、紹介料の安い中小の転職エージェントに求人をだしている企業もある。

    特にベンチャー企業などは中小のエージェントで求人を募集している場合が多い。

    複数利用することで希望通りの会社を見つけることができたといったケースもあり。

     

    様々な視点からアドバイスが受けられる

    複数の転職エージェントに登録すると、様々なタイプのキャリアコンサルタントから意見を聞くことができるため、自分の転職先を視点を広げて考えることができる。

    経験値や考え方が違う複数のキャリアコンサルタントと面談することによって、得られる情報が増えるため。

    様々な視点からアドバイスを受けることで、転職した後に後悔しない。

    ブラック企業の退職でEXIT(イグジット)が選ばれる3つの理由

    テレビや雑誌では、働き方改革やワーク・ライフ・バランスなどという言葉が飛び交うことも多くなっているが、ブラック企業で働く人にとっては何も響かない。

    残業多すぎ…
    休日出勤を強制させられる…
    ぜんぜん給料を上げてくれない…
    などの理由で会社を辞めてやろうと思ったことがある人も多いのではないのでしょうか。

    せっかく、会社を辞める決意をしても、
    辞めるなんてと言ったら、上司に何をされるか分からない…
    辞めるって言ったけど、引きとめられて辞めさせてもらえない…
    などと苦労している人も多いのです。

    そこで、今回はブラック企業から退職したいけど、どうしたらいいか分からないという人のためにEXIT(イグジット)というサービスをご紹介します。

    明日から会社に行かなくても大丈夫!

    退職代行サービスEXIT(イグジット)は、
    「辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」そんな状況にいる人のための退職代行サービスです。

    NHKフジテレビ朝日新聞毎日新聞Yahoo!JAPANダイアモンドオンラインなど多数のメディアに取り上げられた実績があります。

    退職代行サービスという言葉を広めたのも、EXIT(イグジット)なのです。

    なぜ、今の時代にEXIT(イグジット)を利用する人が増えているのかその理由に迫っていきます。

    EXIT(イグジット)が選ばれる3つの理由

    「今すぐ辞めたい」「気まずいから、できるだけ会社の人と顔を合わせたくない」そんなご要望をEXIT(イグジット)は応えてくれます。

    1.すぐに辞められる即日対応

    相談をした当日から対応可能。
    あなたの希望する時間に合わせて、休日や深夜でも可能な限り、対応してくれます。

    2.会社への連絡不要

    会社への連絡はEXIT(イグジット)が代行してくれるので、もう上司と話す必要はありません。
    退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOK。

    3.安心のネクストサポート

    次の職場が肌に合わなくても、安心!
    EXITを一度でも利用したことがあれば次回以降、1万円ディスカウントで利用することができます。

    EXIT(イグジット)の退職代行例

    退職代行サービスは、新しく出てきたサービスなのでまだ具体的に利用するイメージが持てないという人も多いでしょう。

    そこで、具体的な代行事例を紹介しておきます。

    残業が多すぎる、出社せずに辞めたい。

    代行内容
    朝方にご依頼いただき、すぐさま社長へ電話させていただきました。
    その結果、午前中には退職が承認され、追って、退職証明書を郵送していただく事になりました。
    会社から貸与されていた保険証は、ご依頼主から速達で会社へ送っていただきました。

    EXITからひとこと
    残業が多すぎるのは体に悪いですよね、何よりも大事なのは心身の健康です。
    世の中には残業が存在しないホワイト企業が意外とたくさんありますよ。

    利用者:正社員 1年8ヶ月 工場職 21歳

    入社したばかりで、言い出しにくい。

    代行内容
    本社宛に直接電話し、人事責任者へ退職の旨をご連絡しました。
    また、ご依頼主の両親へは連絡をしてほしくない旨、勤務先へお伝えしました。
    社員旅行の翌日ではあったものの、あっさりと退職を認めていただきました。
    離職票などについては、会社側より郵送にてご対応いただく事になりました。

    EXITからひとこと
    たとえ入社したばかりであっても、退職は正当な権利です。
    また、ミスマッチを早期解消できるという意味で、早期退職は雇う側にも雇われる側にもメリットしかありません。
    堂々と退職しましょう。

    利用者:正社員 1ヶ月 マーケティング 26歳

    辞めたいけど、懲戒解雇が怖い。

    代行内容
    まず、現場の責任者である支店長と電話にてお話させていただきました。
    その後、専務の折り返しにより、退職を了承してもらいました。
    後日、会社から送られてきた退職願を、ご依頼主から返送して退職が完了いたしました。

    EXITからひとこと
    いきなり退職を申し出ると、解雇されてしまうのではないかと不安になる方は多いですが、無用な心配です。
    法律上、そう簡単に労働者を解雇することはできません。
    個人と会社は対等である、という事を肝に命じておきましょう。

    利用者:正社員 4年10ヶ月 営業職 33歳

    もっと代行事例を見たい人は公式ページへ
    退職代行「EXIT」

    EXIT(イグジット)を使って退職するまでの3ステップ


    EXIT(イグジット)なら面談はナシ。

    相談〜退職までスマホ1つで完了。

    1.ご相談

  • 即日対応してほしい
  • 会社と連絡を取りたくない
  • 離職票を送ってもらいたい
  • …など、様々なご要望をご相談ください。

    2.お振込

    お客様の雇用形態に応じて固定の代行費用をお振込いただきます。
    ※ご利用明細を送っていただけると、よりスムーズに対応可能です。

    3.EXIT

    EXIT(イグジット)がお客様の代わりに、退職に必要な連絡を代行します。
    退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応いたします。

    退職代行費用

    正社員・契約社員:¥50,000

    アルバイト・パート:¥30,000

    費用は初回のお振込分のみ。
    退職完了まで追加費用はいただきません。

    EXIT(イグジット)に関するQ&A

    EXIT(イグジット)を使うべきか悩んでいる人のために、よくある質問と回答を記載しておきます。

    Q.本当に退職できるの?

    A.数千件のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったケースというのは今までに一件もありません。
    そもそも、誰にでも退職する権利があります。

    Q.会社から訴えられたりしない?

    A.「訴えるぞ」と脅してくる会社もありますが、裁判をするコストを踏まえると、会社側にとって割に合いません。
    また、実際に訴えられたケースは一度もありません。

    Q.会社から本人に連絡がきたりしない?

    A.ご本人には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。
    ただし、我々に強制力が無いため、会社が本人へ連絡してしまうケースが稀にあります。

    Q.退職したことが親にバレない?

    A.ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。
    ただし、絶対に親に連絡がいかないというお約束は出来ません。

    Q.残っている有休は使える?

    A.有給休暇の消化については確認させていただきますが、100%消化できるという保証はできません。

    Q.保険証とかどうすればいいの?

    A.ご本人から会社宛に郵送していただきます。
    最後の出勤日に会社に置いてくるとその手間も省けます。

    Q.離職票もらえる?

    A.離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社からご本人宛に郵送していただけるようお伝えいたします。

    Q.社宅に住んでいるけど退職できる?

    A.可能です。
    退去日について弊社より確認させていただきます。
    EXIT(イグジット)

    EXIT(イグジット)の特徴

    ・メディア掲載実績No.1
    ・LINEでも相談可能
    ・何回でも無制限に相談可能
    ・退職した後の転職もサポート

    累計2,500人以上(業界トップ)の退職代行を実施、退職成功率は100%。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    EXIT(イグジット)運営会社

    会社名:
    EXIT株式会社

    会社所在地:
    〒150-0044
    東京都渋谷区円山町5-4 道玄坂ビル5F

    代表取締役:
    新野俊幸、岡崎雄一郎

    社員数:
    10名(アルバイト含む)

    事業内容:
    退職サポート業務・メディア運営

    取引銀行:
    みずほ銀行

    神川町の転職は求人情報を信じると転職に失敗します

    神川町での転職を検討している方は、求人情報を信じてはいけません。

    なぜなら、誰もが閲覧することができる求人情報にはウソな情報も混じっているからです。
    求人情報だけを信じて転職してしまった場合、転職後に「思っていた会社と違かった」などと後悔する可能性が高いです。

    年収や残業時間、職場の雰囲気や将来性などを知りたいのであれば転職エージェントを使うべきです。
    転職エージェントを使えば、転職先の本当の実情や具体的な業務内容などの情報を得ることができるため、効率的に転職活動を進めることができます。

    そこで、この記事では、神川町での転職を検討している方のために「神川町での転職にはエージェントを活用すべき4つの理由」「転職エージェント活用法」「神川町の転職でおすすめの転職エージェント」をお伝えします。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    埼玉県の転職事情

    神川町のある埼玉県の転職事情はどうなのでしょうか。
    転職のしやすさを表す求人倍率や転職しやすい業種・職種、埼玉県で働く人の平均年収などを紹介します。

    埼玉県の平均年収

    埼玉県の平均年収:
    472万5600円
    全国都道府県ランキング:
    14位
    平均月収:
    32万7500円
    平均賞与(ボーナス):
    79万5600円

    引用:厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」

    埼玉県の求人倍率


    厚生労働省”埼玉労働局”によると、埼玉県の求人倍率は1.51倍です(平成30年12月現在)。
    全国平均は2.49倍なので、埼玉県は全国的にみると、募集求人に比べて、求職者の数が多いということがわかります。

    ただ、求人倍率は1倍以上ですので比較的、転職しやすい地域といえるでしょう。

    ※平均値であるため、業種・職種によっても転職しやすさは変わります。

    3〜4月、9〜10月は好条件で転職するチャンス

    3〜4月9〜10月は新規の求人が増える傾向にあります。
    この時期は、年度での切り替えにより退職する人も増えたり、新しい組織体制でのスタートを見越して人員補充により企業の採用ニーズが高まるのです。
    また、求人数の増加に伴い、好条件の求人(高年収など)も多数出現します。
    しかし、好条件の求人は募集が殺到し、すぐになくなってしまう可能性が高いので、早めに転職サイトに登録して求人情報をチェックしておきましょう。

    転職しやすい業種TOP5

    業種有効求人数求人倍率
    保安の職業5,06212.72
    建設・採掘の職業4,4966.75
    サービスの職業22,6233.66
    専門的・技術的職業19,1362.17
    生産工程の職業10,0672.15

    保安の仕事とは警備員などの職業は、世間からの需要は高いですが、転職を希望する人が少ないため、転職がしやすいです。
    また、建築系の仕事もオリンピックの影響から需要が高い業種として、近年注目されています。

    求人倍率が高いほど転職がしやすいといえます。

    人気の職種TOP5

    職種求職者数(人)求人倍率
    一般事務員17,0020.29
    福祉関連3,9864.68
    商品販売2,6852.14
    IT関連2,5980.76
    営業関連1,4431.54

    事務職は、全国的にも人気の職種であるため、埼玉県でも人気の職種となっています。
    事務職への転職であれば、特筆したスキルや経験を持っていないと転職は難しくなってしまうかもしれません。

    また、IT関連の職種も人気です。
    IT関連への転職であれば営業やマーケティングなど様々な仕事がありますし、需要も高くなっているため、求人倍率は高いですが、転職がしやすいかもしれません。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    神川町の転職にはエージェントを活用すべき4つの理由

    神川町で転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

    • 「職場の雰囲気は?」
    • 「具体的な仕事内容は?」
    • 「入社1年以内の離職率は?」
    • 「評価の仕方は?」
    • 「残業はどれくらい?」
    • 「中途の割合は?」
    • 「どこから転職してきた人が多い?」
    • 「経営層はどんな人?」

    などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、好条件の非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ非公開求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    神川町での転職でオススメな転職エージェント一覧

    神川町で転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

    • 神川町の求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
    • 神川町近郊の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
    • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

    おすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    優秀なコンサルタントに担当してもらいたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    JAIC(ジェイック)


    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターの人は登録しておくべきサイトです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXT


    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
    • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

    全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    埼玉県の転職ニュース

    埼玉県の転職に関する情報をさらに知りたいという方は、下記の情報も参考にしてみてください。

    埼玉県の求人状況

    ①雇用形態別新規求人数
    36,635人(前年同月に比べ10.5%減少)
    一般:20,980人(前年同月に比べ10.4%減少)
    パート:15,655人(前年同月に比べ10.6%減少)

    ②求人数が増加した主な産業
    運輸業、郵便業 (前年同月比22.4%増、444人増)

    主な増加求人:トラック運転手、宅配便配達員等

    ③求人数が減少した主な産業
    宿泊業、飲食サービス業 (前年同月比19.1%減、690人減)
     
    主な減少求人:飲食店店長、ホール係等
    サービス業(他に分類されないもの) (前年同月比17.6%減、1,024人減)

    求職者の状況

    希望雇用形態別新規求職者数
    11,790人(前年同月に比べ8.9%減少)
    一般:7,850人(前年同月に比べ11.3%減少)
    パート:3,940人(前年同月に比べ3.8%減少)

    正社員の状況

    受理地別正社員有効求人倍率 :1.03倍
    前年同月より0.05ポイント上昇 (対前年同月比66か月連続の上昇)

    就業地別正社員有効求人倍率 :1.16倍  
    前年同月より0.03ポイント上昇 (参考指標 平成28年11月より公表開始)

    新規求職者のうち正社員希望者の割合:66.3%
    前年同月より1.8ポイント減少

    新規求人(受理地別)のうち正社員求人の割合:44.8%
    前年同月より0.2ポイント上昇

    就職件数のうち正社員就職の割合:44.2%
    前年同月より2.6ポイント減少