20代の転職

転職が怖い…なんて言ってられるのも20代のうちだけ

「転職した先でうまくできなかったらどうしよう…」「転職して給料が下がったらどうしよう…」などの理由から転職が怖いと感じている人も多いと思います。

また、「そもそも、転職先が見つからないかもしれない…」「家族や周りの友人や情けないと思われるかもしれない…」という怖さを感じている人もいるかもしれません。

特に、初めて転職を検討されてる方は、怖いという思いを強く持っているでしょう。

しかし、あなたが20代なのだとしたら、すぐに行動すべきです。

なぜなら、20代は転職において市場価値が非常に高いため、希望の条件を実現するための転職がしやすいためです。(詳しくは後ほど解説します)

また、誤解されている人が多いのですが、転職活動は転職を決意してから行うものではありません。

転職が少しでも頭に浮かんだときに、気軽に始めていいものです。

あまり深く考えすぎずに、「ちょっと求人を見てみようかな」「相談してみようかな」くらいの気持ちで始めてみればいいのです。

転職が怖い…なんて言ってられるのも20代のうち

冒頭で20代であれば、すぐに行動すべきとお伝えしましたが、その理由を解説していきます。

理由は単純で、20代は転職において市場価値が非常に高いため、希望の条件を実現する転職がしやすいためです。

まずは、下記のグラフを見てください。

20代の転職成功率は、約50%とおよそ2人に1人が転職に成功しています。

ここでいう転職成功の定義は、転職できたか否かであるため、転職によって希望する条件を実現できたかどうかという統計データではないことはご了承ください。

希望する条件を実現できたかどうかに関しても、この後、統計データと転職者の声から解説していきます。

上記のデータをみて、「そもそも、転職できるのだろうか…」という怖さ(不安)が少しでも解消してもらえたらと思い、記載させていただきました。

転職で希望条件を叶えることはできてるの?

20代の転職成功率が高いことは前述した通りですが、希望する条件を叶えられているかということが気になることでしょう。

結論からいうと、約80%が転職によって希望条件を叶えています。

年収を上げたい、休日を増やしたい、残業を減らしたい、などといった労働条件に関してであったり、

やりたい仕事ができるようになりたい、尊敬できる上司がいるところで働きたい、人気のあるサービスに携わりたい、スキルアップしたい、などといった労働環境によるものだったりと希望する条件といっても、人によって様々です。

そこで、当サイトでは、クラウドソーシングサービスというアンケートを募集できるサービスを使って、単刀直入に「あなたは、転職によって希望する条件を叶えられましたか?」という質問を100人にアンケートを実施しました。

すると、78人が叶えられたという回答でした。

調査元:クラウドソーシングサービス
調査対象:100名
調査日:2019年9月

当サイトのアンケート結果が「転職して年収が下がったらどうしよう…」「転職して失敗したら嫌だな…」と思っている人が少しでも一歩を踏み出すためのキッカケになっていれば幸いです。

経験者に聞いてみた「転職してどうでしたか?」

約80%の人が転職で希望する条件を実現できたというデータを先ほど紹介しましたが、実際に20代で転職を経験された人の声をみていきましょう。

上司の発言や言動に対して理解ができないことが多かったです。だけどその上司は会社からの評価が高いことに対して会社への不信感や疑問を感じることが多くなり、転職を決意しました。私自身、その上司とは同じチームで働くことも多かったが、上司とはウマが合わなくなくて、業務にも集中できなくなっていき、仕事でもミスをしてしまうこともありました。(自分のミスを棚にあげるわけではなく、事実として上司の1つ1つの言動や行動に気が取られてしまっていた)その状態で働き続けていたのですが、次第にストレスからか精神的にも不安定になっていきました。転職したことがなかったため、どこの会社も同じなのかという不安から転職することに対して怖い気持ちもあったし、仲の良い同僚にも相談はしていたのですが、このまま今の会社で働き続けてもプラスなことはないなと感じたので転職に踏み切りました。転職した先の業界は転職前と同じ業界ですが、100名くらいの規模の会社から30名弱の会社に転職しました。給料や休日などと言った条件は前職と同等ですが、一緒に働くメンバーは自分のやりたいことに向かって実直に向かっている人も多いし、私の上司になった人も経験が豊富であり、満足しています。私の場合は2年ほどの在籍で転職しましたが、転職活動する中で不利に感じることはなかったです。

IT業界 営業 25歳 男性 転職回数1回
私は就活の時に自分は将来どうなりたいのなどはろくに考えもしていなかったので、就職した会社も何かやりたいことがあって入社したわけではありませんでした。ただ、社会人になって実感したこととして、自分の人生に置いて働いている時間が占める時間がとても多いということでした。私の性格上、仕事を何となくこなしていたら、毎日に飽きてしまうと思うようになっていったんです。せっかくだから一生懸命に仕事を頑張ってみようと思った時期もありましたが、仕事に追われて1日が終わっていく感覚が日に日に強くなってしまい、このままで私の人生は大丈夫だろうかと不安と怖さがありました。もう少しプライベートも楽しめるように時間と心に余裕が持てる働き方をしたい、そう思い、入社からちょうど1年という節目のタイミングで転職を決意しました。そして、ライフワークバランスが充実しているイメージのあった事務職への転職を希望するように。未経験の職種だったので、転職できるのかなと心配だったのですが、転職エージェントの方に履歴書の書き方や面接の受け答えなどをサポートしていただきながら、無事、リフォーム会社の事務職の内定をもらうことができました。今の働き方はというと、基本的には定時退社(月初は請求業務があるので、少々の残業はありますが)ができていて、女子会をしたり、趣味である旅行に行って公私ともに充実した生活が送れています。転職する前は怖さもありましたが、転職してよかったと思っています。

リフォーム会社 事務 22歳 女性 転職回数1回

20代で転職を経験した人の転職を決意した時や転職してどうなったのかということに関する体験談をみていただきました。

転職する理由は様々ですが、今回、体験談を書いてくれた2名の方は転職によって希望条件を実現していました。

転職に対する怖さを解消する3つの方法

転職は怖くないということを解説してきましたが、それでもまだ怖いという人もいるでしょう。

そこで、ここからは転職に対する怖さを解消するための具体的な方法を3つご紹介していきます。

どれも気軽に始められるものですので、参考にしてください。

1.求人を試しに見てみる
2.友人や家族に相談してみる
3.履歴書や経歴書を書いてみる

1.求人を試しに見てみる

まずは、気軽に求人を見てみることから始めてみましょう。

求人をみてみるときは、インディードなどの求人検索サイトで見てみるのもいいですし、リクナビネクストやマイナビ転職といったサイトに登録して見てみてもいいです。

勘違いしている人が多いですが、転職サイトに利用する人は転職を決意した人だけではないのです。

転職サイトには登録はしているけど、3ヶ月以内に転職している人は約20%しかいません。

つまり、約80%の人は求人を見てみるだけのために、転職サイトに登録しているということになります。

求人を見てみることの主なメリットとしては、下記の4つです。

  • 様々な選択肢があることで安心できる
  • どのような経験やスキルが求められているのかわかる
  • 自分にとって譲れない条件が何か見えてくる
  • なんとなく自分の市場価値がわかる
  • 求人を見ておくことは、いざ転職をするとなった時に、転職先を選ぶ参考になりますし、すぐにでも始められることなので、転職が怖いと思っている人は、まず始めにやっておくといいと思います。

    求人を見るときは、自分の中でどうしても譲れない条件を1~2つ決めて、その条件に合致している求人がどれくらいあるのかという点を見ておくといいでしょう。

    今は、求人の絞り込み機能があるため、比較的すぐに求人を絞り込んで確認することができます。

    2.友人や家族に相談してみる

    転職の怖さを消すための2つ目の方法としては、友人や家族に相談してみることです。

    転職の怖さを解消するためには、自分のことを振り返るための自己分析退職する理由を明らかにしておくことが重要です。

    しかし、これらは自分一人でやろうとしても、そもそもどうやって振り返ればいいのかわからなかったり、集中できなかったりと簡単ではありません。

    そこで、友人や家族に相談してみるのがおすすめです。

    相談相手としては、転職経験のある人の方が具体的なアドバイスももらえる可能性が高いため望ましいですが、具体的なアドバイスをもらうというよりは、誰かに不安な気持ちを発散し、自分の気持ちを整理することが重要になります。

    転職に関する相談はナイーブな問題でもあるため、友人や家族には相談しにくいな…という人は、転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。

    3.履歴書や経歴書を書いてみる

    転職の怖さを解消する3つ目の方法は、履歴書や職務経歴書を書いてみることです。

    履歴書には、転職理由を書く項目がありますので、なぜ転職したいのか、転職して何をしていきたいのかという気持ちを整理することができます。

    経歴書には、これまでの成果や実績を記載する項目がありますので、自分はこれまでどんな成果を上げてきたのか、そのときどんな感情になったのかという点について振り返ることができます。

    いざ、転職しようと思った時に、数ヶ月前〜数年前の実績や成果を思い出すことは困難になるので、備忘録としての役割も果たすのでおすすめです。

    今は、わざわざ履歴書や経歴書を購入しなくても、ネットで無料ダウンロードできるので、始めてみるハードルは格段に低いと思います。

    ここで書いた内容は、本番で使用するわけではないので、気軽に自分の気持ちを吐き出す日記のような気持ちで臨んでみてください。

    転職が怖いと思っている人へオススメの転職エージェント一覧

    転職が怖いという人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • 豊富な求人を保有しているか
  • キャリア相談をすることができるか
  • いざ転職する時にも利用することができるか

  • おすすめの転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    転職を検討しているのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    ビズリーチ

    ビズリーチの特徴

    ・高年収、ハイキャリア層に特化
    ・年収600万円以上の求人が多数
    ・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
    ・女性向けのエグゼクティブ求人も多数掲載

    登録の際に27問の基本情報を入力するだけで、優良企業からのスカウト率が大幅アップするので入力を忘れずに!
    近年、求人数が飛躍的に増加し、転職で年収アップを目指すのであれば登録しておいて間違いない転職サイト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    JAIC(ジェイック)


    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターの人は登録しておくべきサイトです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXT


    リクナビNEXTの特徴

    ・常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    ・新着・更新求人が毎週1.000件以上
    ・レジュメ登録するだけでスカウトが届く
    ・独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

    エージェントのサポートは受けることができないため、他の転職エージェントサイトと併用することがオススメ。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    最後に

    転職が怖い、不安があるという方はページ下部にてコメントをいただけると幸いです。

    1週間以内には必ず返信をさせていただきます。

    第二新卒の転職で失敗しない転職エージェント活用術

    「新卒で入社した会社が思っていた会社と違った…」だけど、「周りには転職した人がいないから相談できる人がいない…」そんな第二新卒の人に向けて第二新卒の転職事情転職で押さえておくべきポイントをお伝えします。

    年収を上げたい!残業がない会社に行きたい!キャリアアップしたい!などと考えている第二新卒の人はぜひ参考にしてください。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    実は、第二新卒は企業から求められている

    第二新卒の人は転職において、「経験もスキルもないのに転職できるのかな…」「すぐに辞めた自分を雇ってくれる会社なんてあるのかな…」などの不安を持っている人が多いです。

    このような悩みは第二新卒の人に限った話ではありません。
    初めて転職する人は誰しもが抱えている不安です。

    そのような不安を抱えている第二新卒の人に朗報

    実は、第二新卒は下記2つの理由から企業から強く求められています。

    1.新卒の採用に注力しない企業が増えている

    第二新卒が企業から求められている理由の1つ目として、近年の採用状況が大きく影響しています。

    近年の新卒採用として、優秀な学生をインターンシップなどで囲い込み、そのまま新卒として内定を出す方法や積極的な学校への広報活動により優先的に応募をしてもらう方法などを取っている企業が増えています。

    数年前よりも企業側の新卒人材の奪い合いが激しくなっているため、新卒の採用には注力しなくなっている企業も増えてきているのです。

    そのため、新卒の採用にこだわるのではなく、中途や第二新卒の採用を強化しています。

    2.ビジネスマナーとポテンシャルを評価されている

    第二新卒が企業から求められている2つ目の理由として、ビジネスマナーとポテンシャルを強く評価されていることがあります。

    新卒で入社した会社で一連のビジネスマナーなどを研修で学んでいたり、実務での実践もあることから、企業はビジネスマナーなどの基礎知識を一から教える必要がないのです。

    本来、新卒ならビジネスマナーの研修などに使う時間を第二新卒であれば、業務に関する知識や経験を積んでもらうための教育に多くの時間を使うことができるようになるのです。

    そのため、いち早く業務で成果を出してもらうことも期待でき、即戦力としても期待がされています。

    また、第二新卒という若さはポテンシャルを評価されるため、転職において優位に働きます。

    余計な癖や固定観念がない第二新卒であれば、業務内容を吸収する力も高く、職場の雰囲気や理念などにも共感し、転職先の会社に馴染むことに苦労しない人が多いのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    転職する第二新卒が増えている

    第二新卒が企業から強く求められている理由は上述した通りですが、
    「転職して今よりも待遇が悪くなったらどうしよう…」「思っていた仕事と違ったらどうしよう…」などといった心配を抱えている人も多くいらっしゃいます。

    今の職場で何かしら不満があって転職を検討しているのでしょうから当たり前の心配です。

    まずは、どれほどの第二新卒が転職をしているのか確認してみましょう。

    3割以上の人が3年以内に転職している

    就職活動のときには「ずっと働ける会社に就職する」と思っていた人も多いかと思います。
    しかし、就職した会社を3割以上の人が3年以内に転職をしています

    厚生労働省が発表しているデータです。

    数値を抜粋
    高校:40.8%
    大学:32.2%

    3年以内に転職している人が多いことがお分かりいただけたかと思います。

    「年収アップしたい!」「仕事とプライベートを両立できるようになりたい!」「やりがいのある仕事をしたい!」と考えて転職している第二新卒の人がとても多いのです。

    第二新卒が転職する前にやっておくべき1つのこと

    第二新卒の人が転職の前にやっておくべきことは1つだけで大丈夫です。

    1つのこととは、

  • 自分の気持ちや経験を整理(振り返り)すること
  • です。

    自分の気持ちや経験を整理(振り返り)するといっても、そんなに複雑で難しいものではありません。
    下記のような質問を自分に対して投げかけてみるだけでいいのです。

  • 今の職場での不満なことはなにか
  • いつから転職したいと考え始めたのか
  • 転職を考え始めたきっかけはなにか
  • 学んだことを次の職場で活かせるか
  • 次の会社ではどんな仕事をしていたいか
  • 1人では整理(振り返り)が難しいと思う人は、転職エージェントに相談してみましょう。

    転職エージェントは、多くの求職者の転職をサポートしてきた実績があります。

    1人では整理できないことも、親身に相談に乗ってくれる転職エージェントと一緒であれば整理されてスッキリすることもあります。

    他にも転職エージェントを活用すべき理由がいくつかあるので、このあと解説していきます。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    第二新卒が転職エージェントを活用すべき4つの理由


    第二新卒で転職することを検討している人は、必ず転職エージェントを活用すべきです。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。

    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントであれば、求人サイトでは見ることができない非公開求人を保有している可能性が高いです。

    たとえ希望する会社の求人の募集がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    転職エージェント7つの活用方法


    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    第二新卒にオススメの転職エージェント一覧

    第二新卒で転職を検討している人のために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • ホワイト企業の求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求人を提案できる力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • オススメの転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    幅広い求人をチェックする、優秀なコンサルタントと出会うためにも転職エージェントは2つ以上登録しましょう。

    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・転職のサポート期間が無期限
    ・20代、第二新卒の転職に強い
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

    転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であるため、未経験歓迎の求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    営業職や事務職などの転職サポートを得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
    優秀なコンサルタントに担当してもらいたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    doda


    dodaの特徴

    ・すぐに転職したい人におすすめ
    ・転職者満足度NO.1
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    60問の診断項目から判定する適職タイプ診断も人気。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性の転職に強い
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して転職活動を進めるのがベスト。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    JAIC(ジェイック)


    JAIC(ジェイック)の特徴

    ・20代のフリーター専門の転職サイト
    ・未経験からの就職成功率 80.3%
    ・就職後の定着率94.3%
    ・就職支援『無料就職講座×面接会』
    ・100%取材した求人

    優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催しています。
    20代のフリーターの人は登録しておくべきサイトです。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    第二新卒は面接で熱意・意欲をアピールすべき

    厚生労働省が人事担当者・採用担当者へ実施した調査から、第二新卒の転職では熱意・意欲をアピールすべきであることが読み取れます。

    画像の内容で重要な点を抜粋します。

    採用選考の際に重視する項目として、新規学卒者枠では熱意・意欲が、中途採用者枠では実務経験が最も重視されている。

    第二新卒者枠は新規学卒者枠に準じた傾向があるが、実務経験等をより求める傾向も見られる。

    中途採用者枠において、企業規模別での重視項目を比較すると、企業規模にかかわらず実務経験が重視されている。

    また、企業規模が大きくなるほどコミュニケーションを重視し、規模が小さいほど熱意・意欲を重視する傾向がある。

    【2019年最新】22歳の転職で使うべき転職サイト5選

    転職を検討されている22歳の人へ向けた記事です。

    22歳は世間一般では、第二新卒と言われている世代です。
    第二新卒という言葉自体には明確な定義がありませんが、一般的には、大卒後入社3年以内の人のことを指しています。
    そのため、22歳というと第二新卒に該当する人も多いです。

    第二新卒の人材は、多くの企業から重宝されており、採用に積極的になっている企業も多いのです。

    第二新卒が多くの企業に採用されやすい理由は大きく分けて、3つの理由があります。

    1.新卒よりもマナーや経験などがある
    2.新しいことにもチャレンジ意欲を持っている
    3.物事の吸収力が高い

    上記の理由から、第二新卒や20代前半(22歳まで)は転職市場では重宝されているのです。

    多くの企業から採用されやすい22歳(第二新卒)だからこそ、転職をしている人も多くなってくるのです。

    転職の理由としては、
    「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
    「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
    「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

    などという不安や不満が生まれてきたり、
    「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
    「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

    などという理由が多くなってくるのも22歳で転職する人の特徴です。

    22歳で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

    と転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、22歳の人が転職に失敗しないための方法を記載しています。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    22歳の人が転職する理由は?

    転職サイトのdodaが22歳の人を対象に実施したアンケートによると、22歳の人が転職する理由としては下記のようなものが多いようです。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給与に不満がある
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 幅広い経験・知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 土日祝日に休みたい
  • 市場価値を上げたい
  • 会社の評価方法に不満がある
  • 引用:転職理由ランキング_doda

    上記はあくまでも統計結果であるため、転職をする理由は人それぞれです。

    20代でも後半になると転職で不利になるって本当?

    22歳だと転職に不利になると思っている人は少なくないようです。

    しかし、20代前半と後半では転職の有利不利の違いはありません。

    むしろ、ある程度の社会人経験を積み、スキルのある22歳の方が20代前半に比べ、企業側から求められている傾向があります
    また、仕事に対するモチベーションや体力もある20代なら、未経験業界や職種への転職も受け入れられやすいです。

    さらに、現在は求人数に比べ求職者の少ない売り手市場であるため、転職がしやすくなっています

    30代になると目に見える実績や役職が重要視されることもあるため、20代のうちに転職をすることでチャンスが広がります。

    22歳の転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    22歳の人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    22歳の転職で登録すべき転職サイト5選

    22歳の人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    年収アップしたい22歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場にチャレンジしたい22歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい22歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    22歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい22歳におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    22歳の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    22歳の転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、22歳の転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    22歳にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    年収アップしたい22歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    働きやすい会社に転職したい22歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい22歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    22歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    【2019年最新】23歳の転職で使うべき転職サイト5選

    転職を検討されている23歳の人へ向けた記事です。

    23歳は世間一般では、第二新卒と言われている世代です。
    第二新卒という言葉自体には明確な定義がありませんが、一般的には、大卒後入社3年以内の人のことを指しています。
    そのため、23歳というと第二新卒に該当する人も多いです。

    第二新卒の人材は、多くの企業から重宝されており、採用に積極的になっている企業も多いのです。

    第二新卒が多くの企業に採用されやすい理由は大きく分けて、3つの理由があります。

    1.新卒よりもマナーや経験などがある
    2.新しいことにもチャレンジ意欲を持っている
    3.物事の吸収力が高い

    上記の理由から、第二新卒や20代前半(23歳まで)は転職市場では重宝されているのです。

    多くの企業から採用されやすい23歳(第二新卒)だからこそ、転職をしている人も多くなってくるのです。

    転職の理由としては、
    「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
    「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
    「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

    などという不安や不満が生まれてきたり、
    「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
    「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

    などという理由が多くなってくるのも23歳で転職する人の特徴です。

    23歳で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

    と転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、23歳の人が転職に失敗しないための方法を記載しています。

    登録数ランキング
    転職サイト名 特長
    リクルートエージェント

    転職成功実績NO.1
    非公開求人数10万件以上

    公式HP

    マイナビエージェント

    20代の転職者満足度No.1
    マイナビ独占求人あり

    公式HP

    パソナキャリア

    女性の転職に強い
    年収UP率67.1%

    公式HP

    23歳の人が転職する理由は?

    転職サイトのdodaが23歳の人を対象に実施したアンケートによると、23歳の人が転職する理由としては下記のようなものが多いようです。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給与に不満がある
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 幅広い経験・知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 土日祝日に休みたい
  • 市場価値を上げたい
  • 会社の評価方法に不満がある
  • 引用:転職理由ランキング_doda

    上記はあくまでも統計結果であるため、転職をする理由は人それぞれです。

    20代でも後半になると転職で不利になるって本当?

    23歳だと転職に不利になると思っている人は少なくないようです。

    しかし、20代前半と後半では転職の有利不利の違いはありません。

    むしろ、ある程度の社会人経験を積み、スキルのある23歳の方が20代前半に比べ、企業側から求められている傾向があります
    また、仕事に対するモチベーションや体力もある20代なら、未経験業界や職種への転職も受け入れられやすいです。

    さらに、現在は求人数に比べ求職者の少ない売り手市場であるため、転職がしやすくなっています

    30代になると目に見える実績や役職が重要視されることもあるため、20代のうちに転職をすることでチャンスが広がります。

    23歳の転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    23歳の人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    23歳の転職で登録すべき転職サイト5選

    23歳の人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    年収アップしたい23歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場にチャレンジしたい23歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい23歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい23歳におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    23歳の転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、23歳の転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    23歳にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    年収アップしたい23歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    働きやすい会社に転職したい23歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい23歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    23歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    【2019年最新】24歳の転職で使うべき転職サイト5選

    転職を検討されている24歳の人へ向けた記事です。

    24歳は世間一般では、第二新卒と言われている世代です。
    第二新卒という言葉自体には明確な定義がありませんが、一般的には、大卒後入社3年以内の人のことを指しています。
    そのため、24歳というと第二新卒に該当する人も多いです。

    第二新卒の人材は、多くの企業から重宝されており、採用に積極的になっている企業も多いのです。

    第二新卒が多くの企業に採用されやすい理由は大きく分けて、3つの理由があります。

    1.新卒よりもマナーや経験などがある
    2.新しいことにもチャレンジ意欲を持っている
    3.物事の吸収力が高い

    上記の理由から、第二新卒や20代前半(24歳まで)は転職市場では重宝されているのです。

    多くの企業から採用されやすい24歳(第二新卒)だからこそ、転職をしている人も多くなってくるのです。

    転職の理由としては、
    「思っていたよりも残業が多くてしんどい…」
    「新卒で入社したけど、上司や同僚とウマが合わない…」
    「マーケティングを希望していたのに営業のまま…」

    などという不安や不満が生まれてきたり、
    「将来のことも考えると、安定した生活が送れるようにキャリアアップしたい…」
    「スキルも身についたし、経験も詰めたので、新しい環境にチャレンジしてみようかな…」

    などという理由が多くなってくるのも24歳で転職する人の特徴です。

    24歳で転職に成功して年収アップ、労働環境改善、やりがいのある仕事ができる職場へ転職している人がいる一方、
    「なかなか、自分にあった求人が見つからない。」
    「転職できたものの、求人票で記載されていた条件と違う。」

    と転職に失敗している人もいるのが現状です。

    この記事では、24歳の人が転職に失敗しないための方法を記載しています。

    24歳の人が転職する理由は?

    転職サイトのdodaが24歳の人を対象に実施したアンケートによると、24歳の人が転職する理由としては下記のようなものが多いようです。

  • ほかにやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給与に不満がある
  • 残業が多い/休日が少ない
  • 専門知識・技術を習得したい
  • 幅広い経験・知識を積みたい
  • U・Iターンしたい
  • 土日祝日に休みたい
  • 市場価値を上げたい
  • 会社の評価方法に不満がある
  • 引用:転職理由ランキング_doda

    上記はあくまでも統計結果であるため、転職をする理由は人それぞれです。

    20代でも後半になると転職で不利になるって本当?

    24歳だと転職に不利になると思っている人は少なくないようです。

    しかし、20代前半と後半では転職の有利不利の違いはありません。

    むしろ、ある程度の社会人経験を積み、スキルのある24歳の方が20代前半に比べ、企業側から求められている傾向があります
    また、仕事に対するモチベーションや体力もある20代なら、未経験業界や職種への転職も受け入れられやすいです。

    さらに、現在は求人数に比べ求職者の少ない売り手市場であるため、転職がしやすくなっています

    30代になると目に見える実績や役職が重要視されることもあるため、20代のうちに転職をすることでチャンスが広がります。

    24歳の転職は転職サイト選びが重要

    転職を検討しはじめた時に、誰もがまず最初にとる行動は転職サイトに登録することです。

    あなたは、登録する転職サイトをテキトーに選んでいませんか?

    間違えた転職サイトに登録してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

    実は、転職サイトによって得意としている業界や職種、特徴が違うのです。
    そのため、あまり知られていませんが、転職失敗しないためには、自分に合った転職サイト選びがとても重要なのです。

    24歳の人におすすめの転職サイトを5つ厳選しましたので、参考にしてください。

    24歳の転職で登録すべき転職サイト5選

    24歳の人が転職サイトを選ぶ時には、下記の3つの基準を満たしているか確認してください。

  • 高年収求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 企業へ求職者を提案する力があるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

  • ※下記で紹介している5つのサイトは上記の3つの基準を満たしている転職サイトのみを厳選しています。

    5つのサイトならどのサイトに登録しても問題ありませんが、5つのサイトの中でも得意としているジャンルが異なりますので、特徴をよく読み、自分に合った転職サイトに登録しましょう。

    おすすめな転職サイトは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

    年収アップしたい24歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    未経験の職場にチャレンジしたい24歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    未経験OKの求人も多数掲載されているので、毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい24歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    24歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    1人で転職活動したい24歳におすすめ
    リクナビNEXT


  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • 転職経験者の約8割が登録。
    求人の紹介や面接対策は受けることができないが、掲載されている求人数は豊富。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    24歳の転職では転職エージェントを活用すべき4つの理由

    24歳の転職では、必ず転職エージェントを活用すべきです。
    ※上記で紹介している転職サイト(リクナビNEXT以外)は登録すると、転職エージェントのサポートを受けることができます。

    転職サイトごとに違いがあることは、先ほど説明した通りですが、24歳の転職でエージェントを活用すべき理由を4つ説明します。

    転職エージェントを使うべき理由は、下記の4つです。
    1.転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる
    2.登録した人限定の非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3.業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる
    4.年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    理由1. 転職先の職場状況(雰囲気や業務内容)といった実情を教えてくれる

    転職エージェントは、掲載している企業の実情を熟知しています。

    企業の職場状況を知るために人事担当だけでなく、取締役や求人を募集している部署の部長、その部署で働く社員へヒアリングをしています。

  • 「職場の雰囲気は?」
  • 「具体的な仕事内容は?」
  • 「平均年収は?」
  • 「入社1年以内の離職率は?」
  • 「評価の仕方は?」
  • 「残業はどれくらい?」
  • 「中途の割合は?」
  • 「どこから転職してきた人が多い?」
  • 「経営層はどんな人?」

  • などのことをヒアリングしています。

    このような情報は、求人サイトや企業のページには記載されていないことが多いため、エージェントを使うメリットといえるでしょう。

    また、エージェントは業界、職種別に担当が別れていることが多いです。
    そのため、エージェント自身が転職を検討している業界・職種の経験者である可能性が高く、業界や企業の内情に詳しいです。

    理由2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

    転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

    非公開求人とは
    事業戦略(上場を控えている、新規事業のリリースなど)の諸事情で表立って募集することはできないが、こっそり採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
    高年収求人や管理職などといったレアな求人であることが多い。

    転職エージェントでなければ、なかなか高年収の求人を見つけることはできません。

    たとえ高年収の非公開求人がなかったとしても、これまでの経歴やスキルが高ければ「〇〇の経験がある・・・、〇〇というスキルを持っているので、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に提案してくれるケースも沢山あります。

    そのため、企業のホームページや求人サイトを見て「転職したい企業の求人がない」と思ったら、転職エージェントに相談して非公開求人を探すことをおすすめします。

    理由3. 業界、職種、会社に特化した対策(職務経歴書の添削・面接受け答えなど)が受けられる

    転職エージェントは、今までの多くの求職者の転職をサポートし転職を実現させているため、選考を突破するためのノウハウを持っています。

    具体的には、過去どのような人が採用されたのか、採用されなかったのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを転職エージェントは蓄積しているのです。

    そのデータをもとに模擬面接を行い、志望動機の伝え方や質問に対する回答の仕方をあなたと一緒に考えてくれるのです。

    転職エージェントによっては、面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあります。
    そのため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

    豆知識
    転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を人事にプッシュしてくれています。

    あなたが面接で失敗してしまったとしても、エージェントの提案力で面接を通過させるといった事象は日常的に起きています。

    エージェントを使うことで、内定をもらえる確率が飛躍的に向上します。
    そのため、自分で応募する人と比べ、圧倒的に転職活動を有利に進めることができます。

    また、自分で求人に応募する場合、選考の途中で多数の応募者のなかに埋もれてしまうことがあります。
    特に人気企業(大手や話題のベンチャー)人気職種(事務や新規事業担当)などの場合は埋もれてしまう可能性が極めて高くなります。
    しかし、エージェントは企業の人事担当者との人脈があるため、企業に向けてあなたを推薦をしてくれるため、埋もれてしまうことはありません。

    理由4. 年収アップや入社日など待遇の交渉や日程の調整をお願いできる

    年収交渉は「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」、「どれくらいの年収なら受け入れてくれるだろう…?」などと個人では難しいです。

    なぜなら、自分で企業へ応募する場合は最終面接の場で入社同意書を書かされるタイミングが年収交渉のタイミングであることが多いからです。
    このタイミングで年収交渉をしなければ、年収を交渉する機会をもらうことはできないと言っていいでしょう。

    しかし、転職エージェント経由であれば、面接後に最終的な回答をエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことも可能です。
    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

    また、内定をもらった後も転職エージェントはサポートしてくれます。
    「いま勤めている会社の退職の手続き(退職代行)」や「転職先の入社日をいつにするか調整(入社微調整)」なども転職エージェントが代わりに行ってくれるため、スムーズに転職活動を終えることができるのです。

    24歳にイチオシの転職サイト
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    転職エージェント7つの活用方法

    転職エージェントを使うべき理由は前述したとおりですが、さらに転職を有利に進めるためにエージェントを使うときに押さえておくべきことを7つ記載しておきます。

    1.転職希望時期は「良い求人があればすぐにでも」と言っておく
    転職エージェントもビジネスであり、売上目標に追われていることを覚えておきましょう。

    担当者との最初の面談では「転職はいつ頃の時期で考えてますか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良い求人があればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

    そうすることで、あなたの転職をサポートすることで会社の売上にも繋がると考え、優先順位をあげて対応してもらうことができます。

    すぐに転職をするということでなくても、転職エージェントへ答える転職時期としては、「3ヶ月以内」と答えておくといいでしょう。

    2.担当エージェントが合わなければ勇気をもって変更する
    担当エージェントが「希望条件に合わない求人ばかりを紹介してくる…」や「無理やり転職させようとしてくる」などの場合は、担当変更をしてもらいましょう。

    実は、担当エージェントを変更することは、普通に日常的に行われています。

    とは言っても直接「担当を変更してほしい」というのは気が引けるという人もいるかと思います。
    そのような場合は、メールで担当変更の依頼をすることをおすすめします。

    それも難しいという人は、転職サイトに設置されている「お問い合わせ」で問い合わせるか、あらかじめ他の転職サイトにも登録して保険をかけておくようにしましょう。

    担当変更メール文面例
    いつもお世話になっております。
    現在、転職をサポートして頂いている○○(名前)です。

    担当していただいている○○様には丁寧にサポートしていただき感謝しております。
    しかし、転職活動での不安が大きく、他のエージェントの方のご意見も伺えればと思っています。
    可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいエージェントの方に担当をしていただきたいと思っております。

    大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    〇〇 〇〇(名前)

    3.経歴やスキルに嘘をつかない
    登録情報や一連のやりとりについて、履歴情報が残ります。

    現役のエージェントの人から聞いた話によると、エージェントの2年前の登録情報と今回の登録情報が違うと言ったことがあるそうです。

    この場合は経歴やスキルの虚偽報告をする信用ができない人材として、紹介する求人を限定的にするなどの判断をすることもあります。

    そのため、登録する経歴やスキルなどは正直に書くようにしましょう。

    4.推薦文は必ず確認する
    ほとんどの場合、担当のエージェントは200字〜1000字であなたの推薦文を書いてくれますが、あまり優秀ではない担当者の場合、経歴をそのまま書き写すだけだったり、パッと見た印象だけの推薦文を書くなどといったケースがあるのです。

    そのため、自分をどのような推薦文で企業に推薦してくれているのか確認するようにしましょう。
    エージェントに推薦文を確認する例として「面接時に相違があると困るので推薦文を見せていただけますか?」「自分を見直すために、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」とお願いしてみましょう。

    5.同じ求人に複数のエージェントから応募しない
    数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

    企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と各社の担当エージェントに連絡が入ることがあります。

    そのようなことがあると、企業・エージェント両者に不信感を与えることとなり、企業へ再応募することはもちろん、内定をもらった企業の内定が取り消しされたりすることもあります。
    二度と転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあるため、転職エージェントには応募している企業を伝えるようにしましょう。

    6.内定が出たら、他のエージェントにも話を聞いてみる
    内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、内定を持っていることを正直に伝えた上で、別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

    他のエージェントの意見を聞くことで、もっとあなたのキャリアにふさわしい求人を発見することができたり、内定を持って余裕のある状態なので冷静な判断をすることができます。

    この行動をしたことによって、内定を辞退することになったとしても、罰則やペナルティなどはもちろんありません。

    せっかくもらった内定を辞退するのは心苦しいことですし、別のエージェントに聞きに行くなんて面倒なことでもありますが、後悔せずに納得のいく意思決定をするためには有効な方法です。

    7.応募フォームの備考欄に希望するエージェントを記載する
    応募フォームの備考欄は任意項目になっているため、ほとんどの人が記入していません。
    しかし、だからこそ備考欄に希望するエージェントを記載しておけば、その情報を参考にあなたに合ったエージェントを担当にしてくれます。

    例えば、転職によって年収をあげたいと考えているのであれば「年収交渉に強いエージェントに担当してもらいたい」や初めての転職なので実績のある頼れるエージェントにお願いしたいということであれば「100人以上の転職サポート実績があるエージェントを希望」など、転職エージェントに求めていることを記載しておきましょう。

    希望する条件や担当を記載しておくことで、優秀なエージェントに担当してもらえる可能性が高くなります。

    年収アップしたい24歳におすすめ
    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    ・転職成功実績NO.1
    ・非公開求人数約10万件
    ・業界最大手なので企業とのパイプが強い
    ・満足度99%の面接力向上セミナーあり

    業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられる。
    人材業界最大手であるため、掲載企業との信頼関係と転職支援実績を生かした年収交渉を得意としている。
    転職で年収アップしたいのであれば、まず真っ先に登録すべき転職エージェント。

    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    働きやすい会社に転職したい24歳におすすめ
    doda


    dodaの特徴

    ・転職者満足度NO.1
    ・求人を募集している人事担当者への取材を通し、職場の内部事情について詳細なヒアリングを実施
    ・業種、職種に特化した専任アドバイザーが転職をサポート
    ・企業からスカウトオファーが届くので受け身の転職も可能
    ・退職の手続きも代行してくれる

    大手企業や注目ベンチャー企業の非公開求人も豊富。
    毎週更新される特集や月曜・木曜に更新される求人は要チェック。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    IT企業へ転職したい24歳におすすめ
    マイナビエージェント


    マイナビエージェントの特徴

    ・IT系企業の求人数を豊富に所持(特にエンジニア、営業など)
    ・約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    ・書類添削や面接対策が丁寧だと好評
    ・IT系での実務経験があるエージェントが転職をサポート

    在職中で転職する人に嬉しい、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行してくれる。
    こちらもリクルートエージェントと並び、求人情報が豊富であり、IT系企業だけでなく、未経験OKの求人を保有している可能性が高い。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます

    24歳で転職する女性におすすめ
    パソナキャリア


    パソナキャリアの特徴

    ・女性向けの求人(産休・育休取得実績あり)を多数保有
    ・30,000件以上の求人数
    ・業界・職種別の専任のキャリアアドバイザー
    ・書類添削・面接対策などのサポート
    ・電話・メールのレスポンスが速い

    在職中の方にもお越しいただけるよう、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。
    求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』に劣るものの、手厚いサポート・フォローで高い評価を受けているので、リクルートエージェント・マイナビエージェントと併用して利用するべき。
    公式ページはこちら
    約3分で読めます